映画:ジャンヌダルク

「ジャンヌダルク」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

ジャンヌ・ダルクの紹介:リュック・ベッソン監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の歴史ドラマ。英仏戦争におけるジャンヌ・ダルクの勇姿とその後の悲劇を迫力の映像で描いていく。第25回セザール賞では、音響賞と衣装デザイン賞を受賞した。

ジャンヌダルクの主な出演者

ジャンヌ・ダルク(ミラ・ジョヴォヴィッチ)、シャルル7世(ジョン・マルコヴィッチ)、ヨランド・ダラゴン(フェイ・ダナウェイ)、ジャンヌが見る幻(ダスティン・ホフマン)

ジャンヌダルクのネタバレあらすじ

【起】– ジャンヌダルクのあらすじ1

物語の舞台は15世紀のフランス。英仏両国のトロワ条約により、フランスは国王の死後、英国領となりました。しかし、英国国王も死去し、生後間もないヘンリー6世が即位。フランスの王太子シャルル7世は王位を奪い返すべく反旗を翻しますが、英国はブルゴーニュ派と組み、フランスに侵攻。コンピエーニュ、ランス、パリ、主要な都市は次々と英国に占領されました。シャルル7世が正当な王になるためには、ランスで戴冠しなくてはなりません。しかし、ランスは英国軍の制圧下にありました。フランスは暗黒の戦乱時代に突入しました。フランスを救えるのはただひとつ、奇跡でした。

この時代、フランスの田舎にジャンヌという少女が暮らしていました。ジャンヌは毎日教会に告解をしに行き、神父が呆れるほどの信心深さを持っていました。このとき、ジャンヌには天上の人と思しき少年の姿が見えるようになっていました。さらに、ジャンヌは草原で一本の剣を見つけ、それが天から与えられたものと確信します。

しかし、その剣を見つけた直後、悲劇がジャンヌを襲いました。英国軍がジャンヌの住む村を襲撃し、村人を皆殺しにしたのです。家の隠し部屋にいたジャンヌは声を最愛の姉カトリーヌが犯され、殺される場面を目の当たりにし、心に深い傷を負いました。

家族を失い、人生に絶望したジャンヌの心の拠り所となったのは、教会でした。ジャンヌはすぐにでも聖体拝領を行い、神と一体になりたいと望みますが、教会はまだ幼いジャンヌにそれを許しませんでした。それでも諦め切れないジャンヌは夜に教会に忍び込み、自らの手で聖体拝領を行うのでした。

それから時が経ち、成長したジャンヌは神の使者と名乗り、シノンにいるシャルル王太子に手紙を書きました。シャルルはジャンヌに興味を抱きますが、ブルゴーニュ派が送ったスパイという可能性も否定できず、面会をためらっていました。そこで、シャルルは家臣に王の衣装を着せ、自身は貴族たちの中に紛れ込みました。本当に神の使者なら、真の王が誰かわかると考えたのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ジャンヌダルク」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×