映画:ジュリエッタ

「ジュリエッタ」のネタバレあらすじと結末

ジュリエッタの紹介:2016年のスペイン映画。原作はアリス・マンローの短編集の中の3編で、『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉』の巨匠ペドロ・アルモドバルが映画化。主演のエマ・スアレスの演技は、様々な映画祭の女優賞に輝いた。中年のジュリエッタは娘の親友と再会した途端、激しく心が揺れ動いてしまう。何を隠そうジュリエッタは娘と12年間も音信不通だったのだ。ジュリエッタはこれを機に、今まで封印してきた過去と向き合い始める。

あらすじ動画

ジュリエッタの主な出演者

ジュリエッタ<現在>(エマ・スアレス)、ジュリエッタ<過去> (アドリアーナ・ウガルテ)、ショアン(ダニエル・グラオ)、アバ(インマ・クエスタ)、ロレンソ(ダリオ・グランディネッティ)、ベア(ミシェル・ジェネール)、マリアン (ロッシ・デ・パルマ)、アンティア<過去>(プリシージャ・デルガド)、アンティア<18歳>(ブランカ・パレス)、ベア<現在>(ミチェレ・ジェネール)

ジュリエッタのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ジュリエッタのあらすじ1

マドリードで1人暮らす中年のジュリエッタ。パートナーのロレンソと余生を共に送るため、ポルトガルへ移住することになりました。荷造りに追われていたジュリエッタは、娘アンティアの幼い時の親友ベアと数十年ぶりに街で遭遇します。ベアはイタリアのコモ湖でアンティアと再会したそうで、子供が3人いると言っていたと知らせてくれました。ジュリエッタは驚きます。なぜならアンティアは、12年前に家を出たまま音信不通なのです。「母は現在もマドリードにいる」とアンティアが言ったと聞いたジュリエッタは心揺れ動き、マドリードに残ることにしました。

移住を突然断られたロレンソは興奮しました。理由も告げないジュリエッタを「君は何も話してくれない」と責めますが、彼女の気持ちが変わることはありませんでした。
ジュリエッタはかつてアンティアと暮らしたアパートを訪ね、空き部屋を借りました。ここにいればアンティアが戻って来るかもしれないと思ったのです。その日からジュリエッタは、アンティアとの思い出を巡るように街を彷徨いました。そんなジュリエッタを心配したロレンソがこっそり尾行していました。アンティアのことしか頭にないジュリエッタは、ロレンソの行動に気付くこともなく、これまでアンティアに話せなかった過去の出来事を手紙に綴るつもりで書き始めます。

ジュリエッタ25歳の時。夜行列車に乗っていると、不気味な中年男が話しかけてきました。男の目つきが嫌でジュリエッタは食堂車へ移動し、そこにいたショアンという若い男と出会います。ジュリエッタは古典の臨時教員をしていること、漁師のショアンには5年間昏睡状態の妻がいることなどを互いに紹介し合い、会話が弾みました。
停車後の列車が出発すると、再び急停止します。ジュリエッタが席に戻ってみると、あの中年男が荷物を残して消えていました。外では何かが担架で運ばれ、ジュリエッタは男が列車に飛び込んだと理解します。男を無視した自分のせいではないかと動揺したジュリエッタは、深夜も眠れません。隣にいてくれたショアンもまた眠れず、2人は自然と体を重ねます。しかし互いに連絡先は聞かないまま別れました。

【承】- ジュリエッタのあらすじ2

ジュリエッタの代理教員の終了日に、ショアンから学校に手紙が届きます。連絡先を知らないショアンはマドリードの学校中に手紙を送っていました。手紙には“あの夜が忘れられない”と綴られており、ジュリエッタは彼のもとを訪ねます。
海が見えるショアンの家では家政婦マリアンが出迎え、彼の妻が亡くなったと知らせました。その時ショアンは不在。アバという女性と一緒にいるとマリアンが告げると、「男には女が必要」と意味深な発言をしました。ジュリエッタはショアンの帰りを待たせてもらうことにします。深夜にショアンが帰宅し、再会を果たした2人は愛し合いました。

ジュリエッタは数日滞在するつもりが、失職したこともあり長らくショアンと共に過ごします。彼の“ただの友達”というアバにも会いました。芸術家のアバと文芸好きのジュリエッタは気が合い、すぐに親しくなります。しかしジュリエッタがこの地に来た本当の理由は、妊娠したことを告げるためでした。やがて生まれた娘にはアンティアと名付けられました。両親に夫と娘を紹介するため、ジュリエッタは久々に故郷へ帰りました。

2年後。ジュリエッタは、教師を早期退職し農家になった父に会いに行きます。体調が優れず床に伏す妻を余所に、父は若い家政婦と浮気をしていました。母をないがしろにする父にジュリエッタは嫌悪感を抱きます。父ともめたまま、ジュリエッタは帰宅の途に就きました。

9歳になったアンティアは、漁が好きでショアンとよく海に出ていました。アンティアは夏休み中のキャンプが始まるため、しばらく家を離れることに。この日で仕事を辞めるマリアンに別れを告げます。一方のマリアンは、教職に戻るジュリエッタに苦言を呈し、「また昔に戻ります」と言い残して去って行きました。初対面の時も意味深なことを言われたジュリエッタは、ショアンとアバの関係を疑います。問い詰められたショアンは、アバとの体の関係があったと認めるも恋人ではないと打ち明けました。「君とアンティアが一番大切」とショアンが伝えますが、ジュリエッタは聞く気になれず、外出してしまいます。その日は天候が不安定でしたが、気まずくなったショアンは漁に出ました。天気は午後から大きく荒れ、ショアンが帰って来ません。ジュリエッタの嫌な予感は的中し、海で船が転覆しショアンは帰らぬ人となりました。

【転】- ジュリエッタのあらすじ3

キャンプ中のアンティアから、仲良くなった少女ベアとマドリードの家に行きたいと連絡を受けたジュリエッタは、それを認めショアンの死を知らせませんでした。数日後アンティアを迎えに行ったジュリエッタは、ショアンの死を告白。傷心のアンティアを案じたベアは、この後の家族旅行には行かず家に残ると言って聞かず、ジュリエッタが保護者として残ることに。落込むジュリエッタに対し逞しいアンティアは、ベアの家の近くに部屋を借りることを提案したため、自宅を売却して2人でマドリードへ引っ越しました。
転居してもジュリエッタの鬱状態は続き、アンティアとベアが彼女の面倒をみました。2人のお陰でジュリエッタは鬱を克服し、自宅で出来る仕事を始め、残りの時間をアンティアに捧げたつもりでいました。

数年後。ベアが米国へ旅立つと、アンティアは瞑想のためピレネー山脈に行くことに。ジュリエッタは不安でしたが、今まで外出の機会も少なかったアンティアを送り出します。
3ケ月後。アンティアを迎えに行ったジュリエッタは団体の職員から、アンティアが転居したうえに、居場所を母に伝えるなと言いつけたと聞かされました。アンティアはこの数年間精神的な喜びなんて無く、母から逃げたかったのです。ジュリエッタは警察に失踪届を出し、私立探偵も雇いますが、アンティアを見つけられません。娘のことを知らなすぎるとジュリエッタは痛感するのでした。

ジュリエッタの母亡き後、父は家政婦と再婚し子供を設けます。そんな父を避け、ジュリエッタは孤独な日々を送ります。アンティアが消えてから3年間は、彼女の誕生日にケーキを買っては捨てる儀式が恒例となりました。アンティアから葉書さえ届くことはありません。苛立ちが頂点に達したジュリエッタは、アンティアが行かないマドリードの通りに転居し、娘を思い出すものは全て処分しました。

【結】- ジュリエッタのあらすじ4

ジュリエッタは入院中のアバを見舞うと、今まで隠してきた事実を打明けられます。ジュリエッタが家を売却した際にマリアンが現れ、ショアンが亡くなる前にアバの件でジュリエッタと口論したとアンティアに知らせました。アンティアはショアンの死の一因を把握していたのです。しかしジュリエッタには何も言いませんでした。ジュリエッタはショアンと列車の男の死に対する罪悪感を隠していたつもりなのに、全て娘に伝わっていたのだと思い知りました。
アバはふさぎ込むジュリエッタに彫刻家のロレンソを引き合わせ、人生をやり直させます。過去を封印したジュリエッタは、ロレンソには何も伝えませんでした。

そして、今。ジュリエッタは、“あなたに会いたいという過ちで、新しい人生を崩した。あなたが全て”とアンティアへの想いを綴り終えました。アンティアを思い出したジュリエッタは、どんどん気落ちしていきます。
ぼんやりと街に佇んでいたジュリエッタは、再びベアに遭遇します。ベアは、アンティアと交流があった最後の頃は彼女の様子がおかしく、彼女から逃げるために米国へ行ったと当時の真相を打明けました。瞑想後のアンティアから、狂ったような連絡が来たこともあったと…。それを聞いたジュリエッタは茫然とし、赤信号で飛び出してしまい車と接触します。ちょうど帰国し、ジュリエッタを訪ねようとしていたロレンソに助けられました。
入院のためにジュリエッタの荷物を取りに行ったロレンソは、破られた写真などからジュリエッタに娘がいたことに気付きます。そしてアパートにはアンティアからの手紙が届いており、ジュリエッタに渡しました。他に宛先を知らないアンティアは、母と暮らしたアパートへ送ったのです。アンティアには子供が3人いたものの、ショアンと名付けた長男が9歳で亡くなりました。苦しんだアンティアは、娘を失ったジュリエッタの気持ちを初めて知ることに…。ただそばにいたい、でも招かれていない、と手紙は締めくくられていました。

ジュリエッタはロレンソと共に、スイスにいるアンティアを訪ねることにしました。不安そうな車中のジュリエッタに、ロレンソが「13年間不在のあと、封筒に住所を書いたんだ」と励まします。2人の眼下には、美しい湖と山脈が広がっていました。

みんなの感想

ライターの感想

やはり女性同士は難しい…。本当に良好な関係が築けている母娘なんてほんとに僅かで、今作で描かれたように、こじれている親子の方が多いのではないかと感じてしまいました。
映像の切り替えがとても巧妙で、特に若いジュリエッタから現在のジュリエッタに代わるシーンは印象的でした。さらにアルモドバル監督らしい原色使いが非常に美しいです。その結果、ジュリエッタの存在や生活がとても華やかに感じました。その分、苦悩はあったと思いつつも主人公が恵まれているように映ってしまい、同情できなかったのは私だけでしょうか…。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ジュリエッタ」の商品はこちら