映画:スザンヌ、16歳

「スザンヌ、16歳」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

スザンヌ、16歳の紹介:2021年8月21日公開のフランス映画。2020年カンヌ国際映画祭の「オフィシャルセレクション」に選定されて話題を呼んだ、20歳の新人女性監督スザンヌ・ランドンの脚本・監督・主演映画。パリ・モンマルトルを舞台に高校生が年の離れた大人の男性に恋をする、ひと夏の物語。スザンヌ監督は15歳の時に本作の脚本を執筆。誰にも打ち明けられず、自身の内側に抱えていた思春期の憂うつや恋愛への憧れを昇華させた。この脚本を元に19歳で映画制作に着手し、主演として複雑で不安定な少女の内面を体現、また監督として、その繊細さを瑞々しくスクリーンに映し出した。この若き才能のもと、「BPMビート・パー・ミニット」でナタンを演じたアルノー・ヴァロワや、「17歳」「おもかげ」のフレデリック・ピエロほか、コメディ・フランセーズの役者など実力派俳優たちが結集。また音楽をヴィクトワール賞(フランス版グラミー)の最優秀アルバム賞を獲得した実力派シンガー・ソングライター、ヴァンサン・ドレルムが担当した。ダンスを介した男女のやり取り、現代演劇の挿入のほか、映画、文学、舞台、音楽といったあらゆるカルチャーの名作へのオマージュを盛り込みながら、新世代のやわらかくも鋭い感性で綴られた本作。時代を超え、年齢や性別を超えて誰の心にも通じる普遍性と斬新さをあわせ持つ、まったく新しい映画。

スザンヌ、16歳の主な出演者

スザンヌ・ランドン(スザンヌ・ランドン)、ラファエル(アルノー・ヴァロワ)、スザンヌの父(フレデリック・ピエロ)、スザンヌの母(フロランス・ヴィアラ)、マリー(レベッカ・マルデール)

スザンヌ、16歳のネタバレあらすじ

【起】– スザンヌ、16歳のあらすじ1

スザンヌ、16歳のシーン1

画像引用元:YouTube / スザンヌ、16歳トレーラー映像

フランス・パリのモンマルトル。

スザンヌ・ランドンは16歳の少女です。同年代の男女の友人4人とカフェに入っていますが、スザンヌは友人の誰とも会話をしません。他の同級生はそれぞれ隣にいる子とぺちゃくちゃ話をしながら、飲み物を飲んでいます。そんななかでスザンヌだけは、彼らの中央に座して遠い目をしていました。他の子たちが会話するのは、知り合いの誰かのうわさ話が中心です。スザンヌは淡い紅色のグレナデンソーダ(ざくろソーダ)を飲みながら、ストローでテーブルクロスに絵を描くイタズラをします。

やがてスザンヌはリュックから財布を出して金を置くと、席を立ちます。先に去ることを断って、店をあとにしました。スザンヌは同年代の友人たちに、退屈しているのです。同級生との仲は悪くありませんが、彼らのあいだに交じることなくスザンヌは孤高の存在を保っていました。

帰宅したスザンヌは、家族とも会話します。家族の仲も良好です。姉のマリーと恋人の男性は両親から交際を認められており、男性はよく家に来ています。父も母も、スザンヌとマリーにつかず離れずの寛容な態度を取っています。マリーは大学生で、スザンヌに復習を一緒にしようと話しますが、スザンヌは「忙しいの、彼氏に頼んで」というと自室にすぐ引っ込みました。ベッドに倒れ込みます。

翌朝、家族全員で食事をして登校したスザンヌは、門扉が開くまでのあいだ同級生と群れますが、やはり他の人としゃべらずひとりで物思いにふけっていました。学校からの帰り道、途中にあるカフェでタバコを吸う男性を見たスザンヌは、その男性に同級生にはない大人の魅力を感じて強く惹かれます。

それでも同級生とたまには遊ぼうと考えたスザンヌは、夜に出かけていくと両親に言います。母は「門限は12時半ね」と言いました。するとスザンヌは突然、母に「すごく綺麗」とお世辞を言いました。門限を遅らせようとするためのみえすいたお世辞に、両親も姉のマリーも思わず吹き出します。スザンヌも含めて4人は笑い、母は門限を午前1時に繰り下げることを認めました。確約を得たスザンヌはクラブに出かけます。

クラブの入口で入力する暗証番号に手間取っていると、顔見知りの男の子がやってきました。彼らはスザンヌの顔を見て「珍しいね」と言いながら暗証番号を入力し、スザンヌも入れてくれます。スザンヌは彼らと疎遠というわけでもなく、せまいエレベーターにいっしょに乗り込むとフロアへ行きます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スザンヌ、16歳」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×