「ストーンウォール」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【転】– ストーンウォールのあらすじ3

ストーンウォールのシーン3

画像引用元:YouTube / ストーンウォールトレーラー映像

ダニーはエドに声をかけられる。レイはエドに関わらないようにダニに話す。エドは元レスラーで男の子を男娼に仕立て上げるから注意するように言われる。

ダニーを置いてレイはトイレでワンピースに着替えてジュークボックスで曲をかける。ダニーに一緒に踊るやつに誘うが気分じゃないとダニーに断られる。

するとダニーは自分の視界が揺れ始めてボックス席に座り込んでしまう。そんなダニーの様子をじっと見ているトレバー。

ジュークボックスで曲を変えてフラフラしているダニーに助けて欲しいって顔をしているねと声をかけるトレバー。

ダニーとトレバーの組み合わせをレイ達が興味津々で見つめている。

ダニーをダンスに誘うトレバー。妹からフランケンシュタインみたいだって笑われるくらいダンスが苦手だと言うが構わないと真顔で手を取られてホールに連れて行かれる。

トレバーは自分は活動家だと話しだにーとキスをしチークダンスを踊る。

するとそこへまた警察が乗り込んでくるみなを壁際に並べる。トレバーは捕まるのは女装しているゲイと男装しているレズビアンだと話し自分は身分証を見せてさっさと店を出て行く。一方のレイは警察に反抗し連れていかれる。

ダニーはレイを追いかけて行こうとするが振り払われてしまう。

レイは警察署でパイン捜査官に尋問を受ける。他の警察官のように粗雑ではなく、レイにタバコまでくれる。そこでエドのことについて話すように言われ初めはしらばっくれるが、ジョンソンのようになってもいいのかと死体の写真を見せられる。

それでも話さないレイだが、パインの優しい語り口に絆されて最後は名刺を渡されてしまう。

警察署を出てくるとダニーが迎えに来ている。トレバーと踊って悪かったと謝るダニー。トレバーは情熱的な語り口で若い男の子を魅了してベッドに誘うとレイから説明されて驚く。

ストリートの男の子達とバスケットをしていると会社員風の男が中を覗き、常連だと言う男の子が話を聞きに行く。するとダニーがいいと言っていると話し、金がいるなら行ってこいと言われる。25ドルでしゃぶられるだけだと送り出される。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ストーンウォール」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×