映画:スパゲティコード・ラブ

「スパゲティコード・ラブ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

スパゲティコード・ラブの紹介:2021年11月26日公開の日本映画。現代の東京を舞台に、若者たちの物語が複雑に連鎖する群像劇。フードデリバリー配達員の羽田、シンガーソングライターの夢を諦めた心、ノマド生活を送る大森、広告クリエイターの凜……。13人の若者の関係性が次第に明かされ、やがて予想外の結末に向かう。監督は本作が長編デビュー作となる映像クリエイター、丸山健志。出演は、「うみべの女の子」の倉悠貴、「ドライブ・マイ・カー」の三浦透子、「東京リベンジャーズ」の清水尋也。第24回上海国際映画祭GARA部門、第15回ニューヨークJAPAN CUTS Next Generation部門、第40回バンクーバー国際映画祭Gataway部門正式上映作品。

スパゲティコード・ラブの主な出演者

羽田天(倉悠貴)、桜庭心(三浦透子)、大森慎吾(清水尋也)、黒須凛(八木莉可子)、日室翼(古畑新之)、赤羽圭(青木柚)、千葉桜(xiangyu)、綾瀬夏美(香川沙耶)、小川花(上大迫祐希)、宍戸一樹(三谷麟太郎)、渋谷桃子(佐藤睦)、目黒梅子(ゆりやんレトリィバァ)、剣持雫(土村芳)、「女性」(満島ひかり)

スパゲティコード・ラブのネタバレあらすじ

【起】– スパゲティコード・ラブのあらすじ1

スパゲティコード・ラブのシーン1

画像引用元:YouTube / スパゲティコード・ラブトレーラー映像

(映画タイトルの「スパゲティコード」とはコンピュータプログラムの状態を表す俗語のひとつ。解読困難なまでに複雑に絡み合ったプログラミングコードを指します。)

大都会・東京。そこではたくさんの人が暮らしており、たくさんの人の人生が絡まり合っています。

【「女性」】

ゲームセンターのクレーンゲームを楽しんでいた「女性」は、少年の悲鳴を聞いてそちらへ駆け寄ります。ゲームセンターのフロアで、幼い少年が「誰か、誰か、助けて」と悲鳴を上げていました。「女性」は泣き止まず叫び続ける少年を抱きしめました。少年は絶叫していましたが、「女性」に抱きしめられているうちに、次第に落ち着きます。

やがてすっかり落ち着いた少年を促して、「女性」はゲームセンターの外へ出ていきました。

【渋谷桃子と目黒梅子】

渋谷桃子と目黒梅子は、古いアパートに住んでいるいずれも若い女性です。2人は隣同士に住んでおり、古いアパートなので声が聞こえてしまいます。

桃子は恋人に振られてしまい、失恋のショックで引きこもりました。最初は夜な夜な友だちに電話して愚痴っていたのですが、やがて友だちも電話に出てくれなくなります。そんな桃子は話し相手がほしくて、怪しい電話占いにはまっている最中でした。

髪の毛を振り乱した状態でコンビニへ行き入金を済ませると(コンビニに宍戸などの姿あり)、占いの相手に電話をかけて振込したことを告げます。

隣の部屋では、桃子の会話を梅子が冷静に聞いて「魂の双子って」とツッコミを入れています。桃子が元カレにしがみつくのは愛情からではないと、梅子は思っていました。

梅子も失恋をして、ピーナッツバターの過食に走っていました。梅子も引きこもりの最中で、だから桃子の電話をすべて聞いています。

壁が薄いので、聞かれていたことに桃子も気づきました。桃子は、梅子のゴミ袋に大量のピーナッツバターの空き容器があるのを見ます。梅子はそればかり食べてしまうことを話しました。元カレがバターピーナッツに関して冷たいコメントをしたことも言います。

隣同士の部屋で、いつしか桃子と梅子は話をするようになりました。梅子がピーナッツバターの容器の蓋を開ける音がすると、桃子は戒めます。

梅子は、自分が本音を吐き出せるタイプではないので、桃子の話を聞いて救われたと言います。自分の代わりにしてもらっているように感じたと話す桃子に、梅子は「今度食事行きませんか」と誘いました。

桃子と梅子はよき友人になることで、互いの依存症から脱却します。

【剣持雫】

剣持雫は、カフェのウエイトレスをしています。雫は不器用で、注文されたものを持っていくときによく落として、盛大な音を立てていました。店の客(赤羽圭と千葉桜)にもよくミスする人物と認識されています。

店の女性客がブルーベリーパイを半分食べたところで、注文したのはラズベリーパイだと気づきました。雫を呼んで注文ミスだから、ラズベリーパイを持って来てくれと要求します。

注文を取ったのは雫ではないのですが、ミスが多い雫のせいにされました。雫は納得がいきません。

そんな雫の生きがいは、恋人に尽くすことでした。恋人と新婚生活のような暮らしをしている雫は、恋人から「今日はシチューを食べたい」と夕食をリクエストされると、嬉々として食事を並べます。

何があっても恋人がいれば大丈夫と思っていた雫ですが、別れは突然やってきました。チキ

ン南蛮を夕食にリクエストした恋人は、自分の妻が2人目を妊娠したことと、不倫に感づき始めていると言いました。家賃を支払うのがきつくなるので、早々にマンションを出てくれと言います。雫は不倫しており、マンションもその恋人が借りているだけでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「スパゲティコード・ラブ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×