映画:セラフィーヌの庭

「セラフィーヌの庭」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

セラフィーヌの庭の紹介:20世紀のフランスで頭角を現わした、実在する女性画家セラフィーヌ・ルイの生涯を描いた伝記ドラマ。2008年度のセザール賞にて7部門を制した作品。

あらすじ動画

セラフィーヌの庭の主な出演者

セラフィーヌ(ヨランド・モロー)、ウーデ(ウルリッヒ・トゥクル)、アンヌ・マリー(アンヌ・ベネント)、デュフォ夫人(ジュヌヴィエーヴ・ムニシュ)、女子修道院長(フランソワーズ・ルブラン)

セラフィーヌの庭のネタバレあらすじ

【起】– セラフィーヌの庭のあらすじ1

パリ郊外の緑豊かなサンリス県で暮らすセラフィーヌは、家政婦として働きながら黙々と絵を描く日々を送っていました。

40歳のときに神の啓示を受けて絵を描き始めたという彼女は、白以外の絵の具は全て自然の素材から手作りする独自の手法を取っていました。肉の血から採取した赤、草木や土をすりつぶして作った緑や茶色などを用いて、木々や花の素材な絵を描いていました。

あるとき、彼女の前にドイツ人の画商・ウーデが現れます。彼はピカソの才能をいち早く見抜いた審美眼を持ち、セラフィーヌの絵を見て衝撃を受けます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「セラフィーヌの庭」の商品はこちら

IMAGE

セラフィーヌの庭 [DVD]

DVD > 外国のドラマ映画
ジーダス
ヨランド・モロー(出演)

¥2,400
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20