映画:ゼログラビティ

「ゼログラビティ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(10件)

ヒューマンドラマ

リアルな宇宙空間の映像が話題を集め、ヴェネツィア国際映画祭で演技・演出・脚本・映像美といった作品のあらゆる面を称賛され、映画批評家レビューサイトでは、批評家支持率は98%、平均点は10点満点で9.1点という話題になった映画です。

あらすじ動画

ゼログラビティの主な出演者

ライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)、マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)

ゼログラビティのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①医療技師のライアンは宇宙ミッションの最中、衛星の破片の飛来に遭遇する。殆どのスタッフが亡くなり、ベテランのミッション・コマンダーのマットと2人生き残ったライアンは、国際宇宙ステーションをめざす。 ②国際宇宙ステーションに送り届けるため、マットは自らを犠牲にしてライアンを助けた。国際宇宙ステーションの脱出ポッドは使えなかった。西にある中国ステーションのソユーズ(脱出ポッド)『神舟』を起動させたライアンはひとり地球へ生きて帰った。

【起】– ゼログラビティのあらすじ1

ゼログラビティのシーン1

画像引用元:YouTube / ゼログラビティトレーラー映像

〝地球の上空600km。

温度は摂氏125度からマイナス100度の間で変動する。

音を伝えるものは、何もない。気圧もない。酸素もない。

宇宙で生命は存続できない。〟

中年女性ライアン・ストーン博士は、地上では医療技師をしています。このたび、ライアン博士が開発した医学用品がNASAに抜擢されて、その試作品を取りつけるため、ミッション・スペシャリストとして宇宙でのミッションに参加しました。

宇宙に出るにあたり、もちろんひととおりの訓練は受けてきています。それでもスペースシャトル『エクスプローラー』号での船外活動は緊張を強いられるものでした。

ゼロ・グラビティ(重力ゼロ)で活動しているライアン博士は、アメリカ・NASAヒューストンの管制塔から「心拍数が上昇しているが大丈夫か」と聞かれますが、緊張のためです。

船外活動をしていたのは、ライアン博士のほかに、ベテランの中年男性マット・コワルスキーと、男性・シャリフの3人です。

マットは今回が最後のミッションで、だからというわけではありませんが(いつものよう)非常に多弁です。1996年にテキサス上空を通過する時にはいつも妻のことを考えていたのに、42日間のミッションを終えて地上に戻ったら、妻は弁護士と駆け落ちしていた…などという笑えないジョークを飛ばしました。

通信データがなかなか復旧せず、船外活動に手間取っているうちに、ヒューストンから連絡が入ります。

ロシアが自国の人口衛星をミサイルで破壊していました。

当初は、爆破で発生した破片は時速3万2000kmで軌道を周回するものの、ライアンたちの軌道とは重ならないとされていました。

ところがその衛星の破片が別の衛星に次々に衝突したことから、新たな破片が発生して連鎖反応が起き、猛烈な速さで『エクスプローラー』号に向かっているというのです。

ただちに作業をやめて船内に避難しろという命令が下りました。

その直後、ヒューストンとの連絡は途絶えてしまいます。

ライアンとマット、シャリフは急いで退避しようとしますが、避難が間に合いませんでした。シャリフは飛んできた破片で頭部を貫かれ、マットとライアンも宇宙空間に放り出されました。

『エクスプローラー』号も大量の破片を受けてぐるぐる回転します。パニックに陥ったライアンは酸素を吸いまくってしまい、酸素残量が10%になり、絶望的な気持ちになりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ゼログラビティ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×