映画:ソラニン

「ソラニン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ソラニンの紹介:主人公芽衣子と種田の恋や、音楽に青春を捧げた若者たちが葛藤する姿を描いた物語。 『週刊ヤングサンデー』に掲載された浅野いにおの同名漫画を映像化し、2010年に公開。三木孝浩の初監督作である。タイトルのソラニンとは、じゃがいもの芽などに含まれる毒の一種のこと。

ソラニンの主な出演者

井上芽衣子(宮崎あおい)、種田成男(高良健吾)、山田二郎〈ビリー〉(桐谷健太)、加藤賢一(近藤洋一)、小谷アイ(伊藤歩)、冴木隆太郎(ARATA)、種田の父(財津和夫)

ソラニンのネタバレあらすじ

【起】– ソラニンのあらすじ1

OLになって2年目の芽衣子は、くすぶった気持ちのまま毎日を過ごしていました。

大学時代に軽音サークルで出会った恋人の種田は、デザインのバイトだけでは暮らしていけず、芽衣子の部屋に居候するかの如く、二人は同棲しています。

芽衣子は好きでもない仕事には前向きになれず、種田の「俺がどうにかする」という一言に勢いがつき、会社を辞めましたしかしいざ失職すると種田は困り果て、サークル仲間のアイからも叱咤されてしまいます。

それでも芽衣子は、仕事探しすることもなく日々を過ごしていました。

種田は学生時代から「ロッチ」というバンドを組んでいます ライブ活動をすることはなくなったものの、メンバーの加藤やビリーと月に2回の練習は続けていました。

しかし種田は自分の才能には自信が持てず、本気で音楽に取り組むことができません。

そんな種田に芽衣子は、もう一度バンド活動してほしいと強く語りかけました

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ソラニン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×