映画:ディファイアンス

「ディファイアンス」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ディファイアンスの紹介:2008年に公開されたアメリカ映画で、エドワード・ズウィックが監督を務めた作品。事実に基づいて描かれ、ダニエル・クレイグ主演で贈るドラマ。第二次世界大戦中のナチス占領下のベラルーシを舞台に、1200人ものユダヤ人の命を救ったビエルスキ兄弟の姿を描いている。

ディファイアンスの主な出演者

トゥヴィア・ビエルスキ(ダニエル・クレイグ)、ズシュ・ビエルスキ(リーヴ・シュレイバー)、アザエル・ビエルスキ(ジェイミー・ベル)、リルカ(アレクサ・ダヴァロス)、ハレッツ(アラン・コーデュナー)、イザック(マーク・フォイアスタイン)、ベン・ジオン(トーマス・アラナ)、ハイア(ミア・ワシコウスカ)

ディファイアンスのネタバレあらすじ

【起】– ディファイアンスのあらすじ1

1941年、ドイツ軍はベラルーシを占領し、ナチス親衛隊と地元警察はユダヤ人狩りを開始します。数週間で殺された人は5万人に及び、さらに100万人が強制移送と死を前にしていました。

村に戻ったズシュとアザエルの兄弟は、父が殺されているのを見た後、隠れていた末の弟のアーロンを見つけて、一緒にリピクザンスカの森に行きます。

1941年8月、3人は一番上の兄のトゥヴィアと森で再会します。

ある日、アーロンは森に隠れていたユダヤ人と出会います。そして、殺された大勢のユダヤ人の死体も見つけてしまうのでした。

ズシュは父を殺したのが警察署長のベルニッチだと復讐を考えていました。しかし証拠がありません。トゥヴィアはあの数のドイツ軍と戦うのか、とズシュに話しかけます。

アーロンが皆を引き連れて戻ってきて、トゥヴィアは食べ物と拳銃を農夫のコスチュクに分けてもらいに行きます。4発の弾を受け取ったトゥヴィアは納屋に隠れます。

するとベルニッチがやってきて、コスチュクにユダヤ人を見張るようにと命じ始めます。ベルニッチは、ユダヤ人を捕まえると金をもらえることと、トゥヴィアの両親の話しをします。

ベルニッチが両親の仇だと分かったトゥヴィアは、ベルニッチの家に乗り込んで銃で脅します。

ベルニッチは、今まで密輸に目をつぶってきたと命乞いをします。

しかしベルニッチの息子が銃を向けようとしたため、トゥヴィアはベルニッチと彼の息子たちを射殺します。そしてコスチュクが匿っていたユダヤ人と森に戻ります。

トゥヴィアは、ズシュからもう仲間を増やすなと注意されますが、新たに森に連れてきます。ズシュに食料をどうするのかと言われて、トゥヴィアはスープを薄めると言うのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ディファイアンス」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×