映画:デルスウザーラ

「デルスウザーラ」のネタバレあらすじと結末

デルス・ウザーラの紹介:黒澤明が監督した、ソ連と日本の合作映画。同タイトルで出版された、ロシア人探検家であるウラディミール・アルセーニエフの探検記録に基づいて描いている。日本公開は1975年。

あらすじ動画

デルスウザーラの主な出演者

アルセーニエフ(ユーリー・ソローミン)、デルス・ウザーラ(マクシム・ムンズク)、スベトラーナ(ダニエルチェンコ)、オレンチエフ(アレクサンドル・ピャトコフ)

デルスウザーラのネタバレあらすじ

【起】- デルスウザーラのあらすじ1

1902年の秋。ロシアの軍人であったアルセーニエフは、部下6名を率いてウスリー地方に派遣されました。目的は地誌調査で、夜は森の中でキャンプを張って眠っていました。
ある夜、キャンプに辺境少数民族(ゴリド族)のデルス・ウザーラが迷い込んできます。彼は片言のロシア語で、たき火に話しかける不思議な老人でした。
デルスの家族は天然痘にかかって死亡し、伝染病を広めないために家ごと燃やしてしまったのです。それ以来デルスは家を持たず、森の中で猟をしながら暮らしていました。
アルセーニエフは厳しい環境下での調査を続けるために、デルスに道案内を頼みます。デルスは返事をしませんでしたが、翌朝になると黙って先頭を歩き始めるのでした。

デルスは地面に残っている足跡を見て、人や動物が近くにいることを言い当てられました。さらに、風や湿度から気象を予測することもできました。その豊富な知識と洞察力に、アルセーニエフは感銘を受けます。
アルセーニエフたちは、誰も住んでいない掘立小屋で一夜を過ごします。その後デルスはアルセーニエフに、米と塩とマッチを少しだけ分けてほしいと頼みます。それは自分で使うのではなく、小屋に残していくためのものでした。

デルスは何でも擬人化しました。太陽が一番えらい人で、二番目は月だと語ります。彼にとって、人間とそれ以外のものに区別はなかったのです。
さらに、デルスは銃の腕も一流でした。暇を持て余した隊員たちが、木に吊るした瓶を左右に揺らしながら射撃の練習をしていたところ、デルスは「弾がもったいない」と入ってきます。
おもしろがった隊員たちがデルスに銃を渡すと、彼は「瓶を撃つと割れるから紐を撃つ」と言って、見事に命中させたのです。感心した隊員たちは、デルスに瓶入りのウォッカをプレゼントします。
その後アルセーニエフは、まるで火に飲ませてあげるように、たき火にウォッカを注ぐデルスの姿を目撃するのでした。

【承】- デルスウザーラのあらすじ2

共に行動するうちに、アルセーニエフはデルスに対して敬愛を抱くようになっていきます。
あるとき、一行はハンカ湖近辺の探査に出かけて、アルセーニエフとデルスは迷子になってしまいます。太陽は沈みつつあり、磁石は何の役にも立たなくなっていました。
そして2人に猛吹雪が襲ってきます。デルスはアルセーニエフに、枯れ草をたくさん刈るように指示します。草を積み上げてその中で野宿をすれば、吹雪にさらされても生存できる可能性があったからです。
2人は懸命に草を刈り続けますが、アルセーニエフは厳寒と疲労で意識を失ってしまいます。しかし、目を覚ますと草で作った野営小屋の中におり、吹雪もおさまっていました。こうして彼は、デルスのおかげで凍死をまぬがれたのです。

やがて予定の探査が終わり、アルセーニエフの部隊はウラジオストックへ帰ることになります。
アルセーニエフは、デルスに「一緒に来ないか?」と誘います。彼はその申し出を断り、弾丸を少しだけもらって、一行に別れを告げます。
デルスはシベリア鉄道が敷かれる線路まで一行を送り届けると、森に向かって歩き出します。そして、振り返って「カピタン(隊長の意)」と叫びます。デルスが森の中へ消えていくのを見ていたアルセーニエフも、「デルス」と応えるのでした。

時は流れて1907年。アルセーニエフは、8名の部下を率いてウスリー地方の再踏査にやってきました。アルセーニエフは傍らにいないデルスのことを考えながら、広大な森林を進んでいました。
しかし、デルスの方から姿を現すのです。互いの姿を見つけた2人は、走り寄って抱き合います。うれしそうな2人の様子を見て、隊員たちも「愛する灰色の翼の鷲よ」と静かに歌い出しました。

【転】- デルスウザーラのあらすじ3

アルセーニエフは変わらないデルスの姿に安心しますが、実際には視力が衰え始めて、5年前まで百発百中だった銃も、なかなか当たらなくなっていました。さらにデルスは、クロテンを撃って得た大金を、悪い商人に持ち逃げされたりしていました。

翌朝、霧の中一行は先を進みます。途中枝を重ねた先に落とし穴がありました。これは悪質な漁師が仕掛けた罠でした。
自然に敬意を払わず、金儲けのためにやってくる人間が森を出入りするようになっていたのです。デルスたちは動物を無駄に死なせないように、落とし穴を埋めていきます。
さらに、近くでフンフーズという匪賊が横行し、土着民の生活を脅かしていました。デルスたちはフンズーズに襲われていた土着民を救い出します。

あるとき、いかだを組んで川を渡っているとき、突然急流となって流されてしまいます。
アルセーニエフたちは川へ飛び込み岸に辿り着きますが、デルスは川の真ん中にある木にしがみついて動けなくなります。アルセーニエフたちはデルスが指示する通り、倒木を使ってデルスを岸まで引っ張り上げます。
すっかり心を通じ合わせたデルスたちは、仲良く写真を撮ります。

またあるとき、森の中でトラを見つけたデルスは、無意識のうちに銃を発砲してしまいます。
森の精霊と信じられている虎を撃ちそこなったデルスは、「森の霊がわしを殺しに来る」と恐怖に震え上がります。それ以来、虎の幻影に苦しむようになるのです。
自暴自棄に陥ったデルスは、以前とは打って変わって怒りっぽくなります。アルセーニエフたちにも苛立ちを隠せなくなっていました。

【結】- デルスウザーラのあらすじ4

そして、また厳しい冬を迎えます。
視力が極端に落ちてしまったデルスは、猟銃の狙いが定まらなくなっていました。鹿を見つけても、アルセーニエフに獲物がいる方向を確認しながら発砲し、失敗に終わっていました。
これまで完璧なまでの銃の腕前を誇っていたデルスは、猟師としての自信を失い、森では生きていけないことを悟ります。
デルスは「一緒に住もうと言ったね?」と、アルセーニエフの申し出を5年越しに受け入れたのです。アルセーニエフは、街にある自分の家にデルスを住まわせることにします。

こうして、ハバロフスクでの生活を始めます。
アルセーニエフの妻や息子は、デルスに親切に接します。しかし、街では何もすることがないデルスは、ただ暖炉の前に座って毎日を過ごしていました。
さらに、自然の恩恵を受けてきたデルスにとって、お金を出して物を買わなければならない生活が理解できませんでした。デルスは水売りに文句を言ったり、街中で銃を発砲したりして、アルセーニエフ一家を困らせます。挙句の果てに、暖炉の薪を調達するために公園の木を切って、デルスは逮捕されてしまうのです。

デルスにとって、何もかも規則で縛られた街の暮らしには限界がきていました。
そして、アルセーニエフに「街の生活は無理だ。森に帰る」と告げます。アルセーニエフも、デルスを街に留めることはよくないと理解していました。
アルセーニエフは餞別として、デルスに最新式の銃をプレゼントします。それは衰えた視力でも猟ができる仕様になっていました。

まもなく、アルセーニエフの元に警察から連絡が入ります。デルスが死体となって発見されたのです。
最新式の銃を持っていたデルスは、街を出るとき強盗に銃を奪われて殺されてしまったのです。アルセーニエフが警察から取り調べを受けている間にも、デルスの埋葬は進んでいきます。
アルセーニエフは呆然とその場に立ち尽くします。

やがてデルスは森林の土と同化し、自然に還っていきました。
そしてデルスが埋められた場所は、開発のために木を伐採されて、どこだったのかもわからなくなってしまう場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

デルス・ウザーラという魅力的なキャラクターに、最後まで引き込まれた作品でした。彼は自然の中で生きていくための知恵そのもので、非常に有能な人物です。それなのに全然威張らず、人に親切で、まるきり無欲なのです。太陽を「一番えらい人」と例える思想も素敵で、デルスの素朴な人柄を表現していました。結末はあまりにも悲しく、文明が彼を死に追いやったという見方もできるかもしれません。しかし、本作では明確な文明批判がされておらず、むしろさらりと描かれています。「デルス」「カピタン」と互いの名を呼び合う2人の姿はなんとも微笑ましく、いつまでも胸に残りました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「デルスウザーラ」の商品はこちら