「トラック野郎 御意見無用」のネタバレあらすじと結末の感想

トラック野郎 御意見無用の紹介:1975年公開の日本映画。飾り立てられたトラックで全国どこへでも荷物を届ける星桃次郎と、やもめのジョナサンコンビの騒動を描いた『トラック野郎』シリーズの記念すべき第1弾。

予告動画

トラック野郎 御意見無用の主な出演者

星桃次郎(菅原文太)、松下金造(愛川欽也)、松下君江(春川ますみ)、松下幸之助(梅地徳彦)、松下幸次郎(梅津昭典)、松下美智子(白取雅子)、松下華子(菊地優子)、寺山(松下)由美(角所由美)、倉加野洋子(中島ゆたか)、竜崎京子(夏純子)、竜崎勝(佐藤允)

トラック野郎 御意見無用のネタバレあらすじ

【起】- トラック野郎 御意見無用のあらすじ1

星桃次郎は長距離11tトラックの運転手で、稼いだ金はトラックとトルコ(ソープランド 風俗店)に注ぎ込んでいます。家は持たず、郵便物は行きつけのトルコに届くよう手配していました。桃次郎の愛称は「一番星」、トラックの名前は「一番星号」です。
桃次郎のよき相棒は、「かあちゃん」こと妻・君江と息子4人娘3人と川崎の安アパートに暮らす4t半トラックの松下金造です。金造は「やもめのジョナサン」と呼ばれ、愛車は「ジョナサン号」です。
桃次郎に恋して世話を焼いているのは、未亡人運転手・竜崎京子で、京子は「モナリザお京」と呼ばれています。

【承】- トラック野郎 御意見無用のあらすじ2

桃次郎とジョナサンは盛岡のドライブイン「くるまや」に行きました。そこで新しく入ったウエイトレス・洋子に、桃次郎は一目惚れします。
桃次郎はストリップ小屋で万田千吉と意気投合し、自分のトラックの助手席に乗せ助手にしたことから、ジョナサンと桃次郎は仲たがいしました。
その折、西日本で一番と誇る「関門のドラゴン」こと竜崎勝が桃次郎に挑戦します。勝はモナリザお京・京子の兄でした。
トラックのスピード競争で千吉が桃次郎の足を引っ張り、桃次郎は負けてしまいます。しかもレース後に千吉がジョナサンの悪口を言ったため、桃次郎は怒って千吉を破門にしました。
桃次郎とジョナサンは仲直りします。

【転】- トラック野郎 御意見無用のあらすじ3

ある日3歳の捨て子を拾った桃次郎とジョナサンは、子供の記憶〝ねぶた祭り〟を頼りに青森まで行き身元を探り当てますが、父親は土木工事の事故で数日前に死んでいました。
元トラック運転手の父は、当時花巻の鬼代官と呼ばれた警官に違反で捕まり、免許を剥奪されていました。
実は…その「花巻の鬼代官」とは、かつてのジョナサン(ジョナサンは元警察官)だったので責任を感じます。
ジョナサンは1人くらい増えても分からないと言い、実子にします(8人目)。直後に君江が出産したので、子供は9人になりました。
千吉はモナリザお京に拾われ、愛の告白をします。お京も千吉の愛を受け入れました。
桃次郎は洋子の身の上を知ります。

【結】- トラック野郎 御意見無用のあらすじ4

洋子には明という婚約者がいました。しかし明は人身事故を起こして賠償金の支払いの負担に堪えかねて、マグロ漁船で日本を出て遠洋漁業に行くのです。
明は4時間後に下北港から出発する予定でした。
桃次郎は洋子を口説くつもりだったのですが、洋子の話を聞いて明との仲を取り持つ気持ちになります。
そして盛岡から下北港までの通常なら8時間かかる道を3時間で行けると豪語し、桃次郎は洋子を連れてひた走りました。
追跡するパトカーを幅寄せで押し出し、文字通り蹴散らしながら爆走した桃次郎は、新記録の2時間半で洋子を無事に明のもとへ送り届けました。

みんなの感想

  • kshimokuniさんの感想

    この映画は、主役を務める菅原文太扮する一番星の桃次郎と相方の愛川欽也が演じるやもめのジョナサン。
    トラックで全国を巡る桃次郎は、途中の盛岡で知り合った洋子に一目ぼれしてしまうが、仁義なき戦いの時とは違う文太もやっぱりカッコいいです。
    ヤケ酒飲んで「酒もってこい!酒!!」ってセリフが似合うのはこの人しかいないんじゃないかと思います。
    トラックの荷台に書かれた昔桃太郎、今桃次郎などの小ネタが効いてる部分も見逃せませんでした。
    小麦粉みたいなのを全身被り雪だるまのような桃次郎。
    熱い男だからこそ空回りする時もある、恋に一直線、己の意思を曲げない姿はカッコいいと思います。

映画の感想を投稿する

映画「トラック野郎 御意見無用」の商品はこちら