映画:ドゥ・ザ・ライト・シング

「ドゥ・ザ・ライト・シング」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

ドゥ・ザ・ライト・シングの紹介:差別問題などを手がけ続けてきた監督スパイク・リーによる若き日の作品。NY、ブルックリンの貧民街に生きる黒人たちや、イタリア、韓国などからの移民の生活を、とある猛暑日の突発的な暴動を通して描く。

あらすじ動画

ドゥ・ザ・ライト・シングの主な出演者

ムーキー(スパイク・リー)、ジェイド(ジョイ・リー)、サル(ダニー・アイエロ)、マザー・シスター(ルビー・ディー)、メイヤー(オジー・デイヴィス)、レディオ・ラヒーム(ビル・ナン)、ラジオDJラブ・ダディー(サミュエル・L・ジャクソン)

ドゥ・ザ・ライト・シングのネタバレあらすじ

【起】– ドゥ・ザ・ライト・シングのあらすじ1

とある猛暑の朝、ブルックリンの貧民街には定職につけずに自分をもてあました黒人の若者たちがたむろしていました

主人公のムーキーはイタリア移民・サルのピザ屋で宅配のバイトをしています

妹のジェイド、宅配の道中出会う近所の馴染みの老人たち、通い婚の妻と息子、ぶらぶらしている仲間たちなどとしばしすれ違い、皆の不満を静かに感じ取っていました町のラジオ局のDJラブ・ダディーの流すノンストップの音楽をバックに、けだるい物憂さと満たしきれない心情が時間とともに町を覆っていきます



次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想(1件)

  • ハンドルさんの感想

    30年前の映画だが、今の世の中を予言した映画。
    もう一度見よう。

映画の感想を投稿する

映画「ドゥ・ザ・ライト・シング」の商品はこちら