映画:ナビゲーター ある鉄道員の物語

「ナビゲーター ある鉄道員の物語」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ナビゲーター ある鉄道員の物語の紹介:2001年のイギリス・ドイツ・スペインの合作。労働階級や貧困などの社会問題を多く手掛けてきた巨匠ケン・ローチ監督が、英国鉄道に勤務していた脚本家の実際の体験を映像化した。1993年英国鉄道が民営化され、鉄道員は会社員として働くことになった。鉄道員のポールやミックは、過酷な環境下で仕事を続けるか、退職するかの選択を迫られることになり…。

あらすじ動画

ナビゲーター ある鉄道員の物語の主な出演者

ポール(ジョー・ダッティン)、ミック(トム・クレイグ)、ジェリー(ヴェン・トレイシー)、ジム(スティーヴ・ヒューイソン)、ジョン(ディーン・アンドリュース)、ハーピック<ジョンソン>(ショーン・グレン)、レン(アンディ・スワロー)、ジャック(チャーリー・ブラウン)

ナビゲーター ある鉄道員の物語のネタバレあらすじ

【起】– ナビゲーター ある鉄道員の物語のあらすじ1

1993年に英国鉄道民営化法が制定され、国営企業だった英国鉄道は分割民営化されることになりました。これまで鉄道員として働いてきた数多くの人々は、会社員となったのです。

1995年、ヨークシャー南部。

鉄道員には列車の運行を陰で支える、保線(線路の点検・修理など)業務を担当する作業員たちが多くいます。定年も近いレンを現場監督とする彼の班は、ベテランのジェリー、ポール、ミック、ジョン、ジムの6人で作業しています。離婚したポールは家を追い出され、ミックの家に居候中。2人の娘にも簡単には会わせて貰えません。みな様々な事情を抱えながらも、鉄道員として誇りを持ちながら仕事をしてきました。

ある日のこと。彼らは英国鉄道の再編によってその日から突然、建設会社の社員となりました。それにより社員は、現場の人間と管理職に分けられたのです。事務主任となったハーピック(“腐れ女”という意味のあだ名)から、ポールたち現場作業員に説明がありました。今後は保線会社との契約で働くこと、契約を取付けるために今まで以上に安全に注意を払うことなど、一方的に会社の要求が伝えられます。そのうえ別の地区から働きに来ている仲間は他社の所属となり、突如ライバルと見なされて、素気無く事務所を追い出されました。ハーピックの話を笑い飛ばしていた作業員たちでしたが、“リストラ”の言葉と共に渡された書類に、表情が固まります。書類には解雇手当と引換えに退職を勧める内容が記されており、多くの作業員たちが「やってられん」と憤慨し、次々と退職を決意したのです。

翌日。40年以上勤続してきたレンも退職を決め、会社を去りました。レンの班は、今後はジョンが監督を務めることに。ジョンをリーダーとして今後の業務計画を進めますが、急に人手が減ったため、肉体労働にも関わらずこれから約3ヶ月の間は、週39時間以上働かなければならないという現状を突き付けられました。理不尽な指令を受けたのは、作業員だけではありません。事務所の清掃番も入札されることになったのです。清掃番のジャックは、掃除道具を自費で用意することや、仕事を続けたければ、半年ごとに自らを入札に掛けなくてはならなくなりました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ナビゲーター ある鉄道員の物語」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ