映画:ナポレオンと私

「ナポレオンと私」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【結】– ナポレオンと私のあらすじ4

ナポレオンと私のシーン4

画像引用元:YouTube / ナポレオンと私トレーラー映像

しばらくすると、ドアチャイムの音が聞こえました。親友のゆかが見舞いにやってきますが、岩田もやってきました。お見舞いのバッティングです。ゆかは気を利かせて、岩田に譲ります。ナポレオンは岩田には姿が見えませんが、これまた気を利かせて中座をしました。

春子と岩田が部屋で話をしていると、岩田に会社から電話がかかってきます。チラシに印刷しているQRコードが間違いだという知らせを受けた岩田に、春子は自分のミスだと打ち明けました。春子はQRコードの変更の報告を受けていたのですが、変更をし忘れるミスをしていました。前日にミスが見つかり、チラシに全部訂正を入れなければなりません。岩田は急いで会社に戻ります。

ミスに気付いて自己嫌悪に陥った春子ですが、ナポレオンから「お前を倖せから遠ざけているのは、ほかならぬお前自身だ」と指摘され、その通りだと思います。体調が回復した春子は会社へ顔を出しました。同僚たちはチラシのQRコードの部分に、正しいQRコードのシールを張り付けています。春子はメンバーに丁寧に謝罪して、手伝いました。夜通しやって、仕上げます。

チラシの訂正は間に合いました。ホームページの更新もうまくいきます。朝食の買い出しに出た春子は、スマホの充電が残り3%しかないと気づきます。電源が落ちてしまうと、ナポレオンが消えてしまうと春子は焦りますが、ナポレオンはそれを受け入れるつもりでした。

そんなナポレオンに春子は、「まずは自分で自分を幸せにしたい。誰かと幸せになるのは、そのあとでいい」という結論を出しました。それを聞いたナポレオンは春子を励ますようにハグすると、朝日にまぎれて消えていきました。ナポレオンとお別れして、春子は涙を流します。

その後、春子は岩田に会って告白をします。告白したあと「好きになってもらえるように、がんばっていいですか」と付け足しました。恋愛するのではなく、まずは自分磨きに励むつもりです。

春子、ゆか、里穂の3人で飲みに行きます。里穂と飲みながら話した春子は、自信たっぷりに見える里穂も自信がないと知りました。春子がトイレで中座している間に、ゆかが里穂に『イケメンヴァンパイア◆偉人たちと恋の誘惑』のアプリをすすめてダウンロードさせようとしていました。

ナポレオンがいなくなって4か月後。

仕事に頑張る春子のもとへ、ナポレオンからのメールが届きます。ナポレオンは春子が頑張っていることを指摘し、もしつらくなったらアプリで待っているからと書いていました。春子はそれを読みながら、いつのまにか笑顔を浮かべていました。

実はその春子の頭をナポレオンが撫でているのですが、今はもう春子にナポレオンの姿は見えません。春子は身支度をすると出勤していきました。ナポレオンはそれを見送ります。

次のページで映画の感想を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ナポレオンと私」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×