「ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ,記事

【転】– ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢のあらすじ3

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢のシーン3

画像引用元:YouTube / ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢トレーラー映像

後日、マギーはデヴィッドを録音スタジオに連れて行きます。早速、新しい歌の録音を始めますが、初めてのスタジオに緊張して上手く歌えないデヴィッドを、マギーはリラックスさせ、自信を持たせます。その後もマギーはグレースの付き人として働きながら、平行としてデヴィッドとの曲作りをし、忙しい日々を過ごします。

グレースは音楽プロモーターたちとミーティングに呼ばれます。これからの方針について話し合い、プロモーターたちから「何がしたい」と尋ねられたグレースは「新しいアルバムを作りたい」と主張しますが、プロモーターたちは渋い顔をし、長期のラスベガスでのコンサートをするべきだと押します。

ミーティングの後、がっかりしているグレースに、自分の意見を通すべきだとアドバイスしますが、「グレースは、年齢的に成功するのは難しいし、もし失敗すれば困るのは私。」「あなたは、ただの付き人」と怒られてしまいます。

マギーはその言葉にショックを受け、デヴィッドとの曲の収録をしている際に思わず泣き出してしまいます。困惑するデヴィッドですが、マギーはグレースとのことは言い出せませんでした。デヴィッドは、そんなマギーを慰めます。そして2人はキスをし、その夜ベッドを共にします。

翌朝、マギーからグレース主催のイベントで、前座で歌うアーティストを探して欲しいと頼まれます。第一候補はダンというアーティストでした。しかし、マギーはグレースの前座でデヴィッドに歌わせたいと思っていました。そこでダンに会い、グレースのイベントの前座をデヴィッドに歌わせたいと説明し、そのために一度前座を引き受けてもらい、当日にドタキャンをしてほしいと頼み、ダンにデヴィッドの歌を聞かせます。ダンはデヴィッドの歌に太鼓判を押し、彼なら前座をこなせるはずだと言い、マギーの計画に乗ってくれます。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×