映画:ノー・マンズ・ランド

「ノー・マンズ・ランド」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

ノー・マンズ・ランドの紹介:2001年カンヌ映画祭脚本賞、2002年ゴールデングローブ賞受賞作品。ボスニア紛争を題材にした映画。戦争映画ではあるが、一部ブラックコメディと評する人もいるくらいシニカルな物語になっています。

あらすじ動画

ノー・マンズ・ランドの主な出演者

チキ(ブランコ・ジュリッチ)、ツェラ(フィリプ・ショヴァゴヴィッチ)、ニノ(レネ・ビトラヤツ)、リヴィングストン(カトリン・カートリッジ)

ノー・マンズ・ランドのネタバレあらすじ

【起】– ノー・マンズ・ランドのあらすじ1

1993年の霧の立ちこめる夜、軍の兵隊が見張りの交代をしている。

そして夜明け、交代していたボスニア軍の兵士たちは、敵対するセルビア軍に攻め込まれ散り散りになってしまう。

そして生き延びたボスニア軍のチキは塹壕に逃げ込むそこへセルビア軍の新兵のニノとベテラン兵士が様子を見に来た。

ベテラン兵士は塹壕にいたボスニア兵のツェラを死体だと思い、少しでも動くと爆発する地雷の上にツェラを置く。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ノー・マンズ・ランド」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×