「ハイジ アルプスの物語」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

アルプスの大自然に囲まれおじいさんと楽しく暮していたハイジは、叔母さんに騙され大富豪の屋敷でお嬢様のクララの話し相手として預けられる。ハイジと暮らすうちにクララは明るくなっていくが、山に帰りたいハイジはホームシックになってしまい・・・

あらすじ動画

ハイジ アルプスの物語の主な出演者

ハイジ(アヌーク・シュテフェン) アルムおんじ(ブルーノ・ガンツ) クララ・ゼーゼマン(イザベル・オットマン) ペーター(クィリン・アグリッピ) ロッテンマイヤー(カタリーナ・シュットラー)

ハイジ アルプスの物語のネタバレあらすじ

【起】– ハイジ アルプスの物語のあらすじ1

ハイジ アルプスの物語のシーン1

画像引用元:YouTube / ハイジ アルプスの物語トレーラー映像

天真爛漫な8歳の女の子・ハイジは両親を亡くし5年間叔母のデーテに育てられていたが、新しい仕事が決まりハイジの面倒を見ることが難しくなったデーテはスイスの山に住む祖父のアルムおんじに預けようとハイジを連れてアルムおんじを訪ねた。

デーテがハイジを連れてきた時、薪割りをしていたアルムおんじは、「今すぐここから出ていけ!」と二人を怒鳴りつけた。

デーテは、おじいさんは酷いことはしない人だからとハイジを一人残し足早に帰って行く。

それに気がついたアルムおんじは、ハイジを押しやろうとするが、ハイジは「でも私は要らないんだって…」という。それを聞いたアルムおんじは一人で家の中に入って行ってしまった。

その晩は雨が降り雷が鳴った。ハイジはヤギ小屋でヤギと一緒に夜を明かした。

翌日、アルムおんじはハイジを連れて村の牧師を訪ねた。ハイジの引き取り先を探してもらうためだ。

牧師は3日後にマイエンフェルトに行く用事があるから探してみようと言う。

しかし見つからなければハイジは施設に入れられてしまう。ハイジは施設にだけは入りたくなかった。

アルムおんじの家にはイスとベッドは一つしかなかったため、ハイジは2階の乾草の中で寝ることにしたが、そこは心地よい空間だった。

翌朝、ヤギ飼いの少年・ペーターとヤギを連れて山へ行ったハイジは、アルムおんじが持たせてくれた弁当をペーターにかじられてしまう。

ハイジが、弁当がかじられているのに気がつきペーターを疑った時、ヤギ同士が角を突き合わせてケンカを始める。

ケンカをすると乳の出が悪くなるためペーターはヤギを鞭でたたいて懲らしめるが、弁当を半分あげるから叩くのを止めてとハイジに泣きつかれ、食いしん坊のペーターは手を止めた。

弁当の話はアルムおんじには内緒にしてとクギを刺すペーターは、村の噂だけどと前置きして、おんじは人を殺したと言われているという。

その晩のハイジは食欲もなく、ヤギ小屋で寝ようとする様子にペーターから噂話を聞いたとわかったアルムおんじは、噂を信じるのか自分で見たことを信じるのか決めなさいとハイジに言う。

ハイジはちょっと考えたがアルムおんじの首に抱きつき「おやすみなさい」というと明るく2階へ上がって行った。

次の日、ペーターについてヤギを連れて山に行っていたハイジが家に帰ってくると、アルムおんじが作ってくれた椅子が置いてあった。

アルムおんじはハイジをここで育てることに決めたのだ。

明日は牧師のもとに行くはずだったが、アルムおんじが明日も明後日も山に行っていいと言うと、ハイジはアルムおんじの首に飛びついた。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハイジ アルプスの物語」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×