映画:ハウス・オブ・グッチ

「ハウス・オブ・グッチ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

「ブラックホーク・ダウン」「羊たちの沈黙」などで知られるリドリー・スコット監督がメガホンを取り、主演は歌手、女優のレディ・ガガを迎えた一作。グッチ創設者一家に潜り込み、経営権をどうしても握ろうとする野心深い女性をガガが演じる。2022年劇場公開作品、157分。

あらすじ動画

ハウス・オブ・グッチの主な出演者

パトリツィア・レッジアーニ:レディー・ガガ マウリツィオ・グッチ:アダム・ドライバー パオロ・グッチ:ジャレッド・レト ロドルフォ・グッチ:ジェレミー・アイアンズ ジュゼッピーナ・アウリエンマ:サルマ・ハエック アルド・グッチ:アル・パチーノ ドメニコ・デ・ソーレ:ジャック・ヒューストン トム・フォード:リーヴ・カーニー パオラ・フランキ:カミーユ・コッタン フェルナンド・レッジアーニ:ヴィンセント・リオッタ シルヴァーナ・レッジアーニ:アレクシア・マレー アレッサンドラ・グッチ:ミア・マクガヴァン・ザイニー ジェニー・グッチ:フローレンス・アンドリューズ ソフィア・ローレン:マダリーナ・ディアナ・ゲネア ネミール・キルダル:ユセフ・カーコア サイード:メーディ・ネブー オマル:ミロウド・ムーラド・ベナマラ カール・ラガーフェルド:アントネッロ・アヌンツィアータ アナ・ウィンター:キャサリン・ウォーカー リチャード・アヴェドン:マルティーノ・パルミサーノ

ハウス・オブ・グッチのネタバレあらすじ

【起】– ハウス・オブ・グッチのあらすじ1

ハウス・オブ・グッチのシーン1

画像引用元:YouTube / ハウス・オブ・グッチトレーラー映像

世界的ブランド「GUCCI」

現在、日本でもファンは多く洋服、鞄、小物にいたるまで熱狂的なファンを作り続けている。しかし創始者ファミリーを巡って、一人の女性が全ての実権を握ろうとした「事件」をご存知だろうか?

パトリツィア・レッジャーニ。

彼女はイタリアの貧しい家庭で生まれ育った、父が経営する運送会社で経理として働いていた。

しかし野心が強く、自分はこんな小さな場所で終わることはないとパトリツィアは密かに人生の逆転を狙っていた。

そんな時に、友人に誘われたパーティで一人の男性と知り合う。

マウリツィオ・グッチ、眼鏡を掛けた長身の男性を見た時、パトリツィアはピンときた。彼は最近、急成長をしているイタリア初ブランドの創始者ファミリーの一人だった。創始者の孫だと知っていた彼女は、マウリツィオと挨拶をして軽く会話を交わす。

自身の美貌を自覚していたパトリツィアは、その後、偶然を装い再会をすると積極的に彼にアピールし、交際までコマを進めた。

マウリツィオ自身はグッチ経営には全く興味がなく、弁護士を目指していた。

二人の交際は順調で、普段は地味だったマウリツィオは美しくセンスがあり、お洒落なパトリツィアに夢中だった。マウリツィオはグッチの経営陣の父、ドルフォにパトリツィアがグッチの財産目当てですり寄ってきた女にしか見えず、交際はおろか結婚まで考えていたマウリツィオを牽制し止めるが、もともとお坊ちゃん育ちで世間知らずだった彼には全く響かない。そしてパトリツィアは諦める気などさらさら無く、ドルフォが目障りに思っていた。

実際、ドルフォはマウリツィオへ手紙でこう警告している。

「気をつけなさい。私は彼女に対してまったくいい印象を持っていない。彼女は粗野で、野心的で、金以外には何も興味がない。上昇志向のかたまりだと聞いている。おまえにふさわしい女性じゃない」

こうして二人は晴れて、結婚をすることになる。

世間的にも大きく報道され、新聞やテレビが華々しくグッチ創設者の孫の結婚を盛大に祝った。

当時、グッチの経営トップだったアルドは甥の結婚を知り、二人を自身の誕生日パーティに招待した。

もともと派手好きで海外にも目を向けていたアルドとパトリツィアはウマが合い、マウリツィオ夫婦をニューヨークに招待した。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハウス・オブ・グッチ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×