映画:ハンナアーレント

「ハンナアーレント」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

ハンナ・アーレントの紹介:2013年公開の伝記映画。ナチス戦犯の裁判に関するレポートを発表し、大きな波紋を呼んだ政治理論家であり、哲学者のドイツ系ユダヤ人ハンナ・アーレントの姿を描いた作品。監督は「ローザ・ルクセンブルク」のマルガレーテ・フォン・トロッタ。撮影は「ポネット」のカロリーヌ・シャプティエ。主演は「クレイドル・ウィル・ロック」のハンク・アザリア。

あらすじ動画

ハンナアーレントの主な出演者

ハンナ・アーレント(バルバラ・スコヴァ)、ハインリヒ・ブリュッヒャー(アクセル・ミルベルク)、メアリー・マッカーシー(ジャネット・マクティア)、ロッテ・ケーラー(ユリア・イェンチ)、ハンス・ヨナス(ウルリッヒ・ノエテン)、クルト・ブルーメンフェルト(ミヒャエル・デーゲン)、ウィリアム・ショーン(ニコラス・ウッドソン)、ローレ・ヨナス(サーシャ・レイ)、シャルロッテ・ベラート(ヴィクトリア・トラウトマンスドルフ)、マルティン・ハイデッガー(クラウス・ポール)、学生時代のアーレント(フリーデリーケ・ベヒト)、フランシス・ウェルズ(ミーガン・ケイ)、ジョナサン・シェル(トム・レイク)、トーマス・ミラー(ハーヴェイ・フリードマン)

ハンナアーレントのネタバレあらすじ

【起】– ハンナアーレントのあらすじ1

ナチス戦犯のアドルフ・アイヒマンが逮捕され、彼はイスラエルで裁判を受けることになります。そのことを新聞で見たアーレントでした。

アーレントは戦時中、強制収容所に収監されて、夫と共にアメリカに亡命していました。

現在はニューヨークで暮らし、政治理論家として有名になり、本も出版していました。大学で講義を行っていて、学生達からの人気はとても高いアーレントでした。

アーレントは、ニューヨーカー誌から依頼を受けます。それは、アイヒマンの裁判を傍聴して記事を書くことでした。

依頼を受けたアーレントに、友人達が駆けつけて祝ってくれます。しかし、アイヒマンに関する事で議論が白熱してしまいます。

アーレントはイスラエルに向かって、友人のクルトと再会します。そして裁判が始まってアーレントは傍聴します。

彼女は、検事がアイヒマンと主役争いをしていると考えます。首相が裏で糸を引いていて、裁判ショーになっては駄目だと述べます。

引き続き裁判を傍聴していると、アーレントはアイヒマンが普通の人だと思います。かなりの凡人であると考えます。

裁判では、家族を虐殺された人々が証言をします。思い出したことで、証言ができなくなる人も出てきます。また、裁判を聞いていた人が、怒りを露わにして退廷を命じられます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ハンナアーレント」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×