映画:ハートビート

「ハートビート」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

ハートビートの紹介:2016年に製作されたアメリカ・ルーマニア映画で、ソノヤ・ミズノやポール・フリーマン、ジェーン・シーモアらが出演した青春ダンスムービー。ニューヨークを舞台に、プロのバレエダンサーになるために上京してきた女性と、地下鉄でバイオリンを弾く青年とが、ダンスと弦楽器のコンクールに挑む姿を描いている。

あらすじ動画

ハートビートの主な出演者

ルビー(キーナン・カンパ)、ジョニー(ニコラス・ガリツィン)、ジャジー(ソノヤ・ミズノ)、クラムロフスキー(ポール・フリーマン)、オクサナ(ジェーン・シーモア)

ハートビートのネタバレあらすじ

【起】- ハートビートのあらすじ1

ルビーは期待を膨らませて、昔からの夢であるマンハッタン芸術大学のダンス科に入学します。
バイオリニストでイギリス人のジョニーは、ニューヨークの駅のホームで演奏していました。広げていたケースの中に、通りかかった人からお金を入れてもらえます。
地下鉄の電車に乗ったルビーは、ジョニーのバイオリンを聞きます。そしてこれから住む部屋に行って、同居人のジャジーと出会い、クラブに踊りに行くのでした。
ジョニーは弁護士のニールに全額を払い、週末に事務所から連絡をもらえると聞いて喜んで帰ります。これでグリーンカードがもらえるはずです。
階段を上がっていく途中、ジョニーは下の階のヘイワードと話して、ダンス仲間を紹介されます。
登校したルビーは、初日から厳しい授業で吐きそうになります。苦手なコンテンポラリーでは、教師から厳しく注意されます。
帰りの地下鉄で、ルビーはケースの中にお金を入れた後、ジョニーと目が合います。
すると電車から下りてきた集団と、工事をしていた集団とで、ダンスバトルが繰り広げられます。ジョニーも音楽に乗せて、バイオリンを弾きます。
バトルが進んでいって、ひったくりが走り出し、ルビーはぶつかられてしまいます。ジョニーはルビーを起こしてあげて心配します。その間に、ジョニーは祖父の形見のバイオリンを盗まれてしまうのでした。
もうおしまいだと嘆くジョニーを見て、ルビーは助けたいと申し出ます。委託販売店に行きますが、バイオリンは売られてませんでした。ルビーはとりあえず連絡先を店主に渡しておきます。

【承】- ハートビートのあらすじ2

ジョニーは労働ビザがありませんでした。なので現金払いの仕事しか受けないと言います。彼はもうイギリスに何も残ってませんでした。
ニールから連絡がないことから、ジョニーは事務所に行ってみますが、そんな会社はないと言われます。名刺は偽物だったのです。
ルビーは、同じ大学で目の合ったカイルから、大学のバイオリンの貸出について聞きます。バイオリンを借りたルビーは、ストリング&ダンスコンクールのチラシも紹介されます。
ジョニーは家賃の支払いが遅れており、サイモンから追い出すと言われていました。そこへルビーがやってきて、バイオリンを貸すこと、コンクールのことを聞きます。
ルビーは、コンクールで優勝すれば、賞金2万5000ドルと学生ビザをもらえると話します。
しかしジョニーは、学校からの施しは欲しくないと怒ります。金持ちに、自分の気持ちなど分かるはずがないのです。ジョニーにがっかりしたルビーは、タクシーに乗って帰ります。
自分の行動に後悔したジョニーは、曲を作り始めます。そしてヘイワードに誘われて仕事に行きます。
ルビーはジャジーに誘われて、正装してパーティーに参加し、働いているジョニーと偶然会います。ルビーはカイルが弾く音楽に合わせて、ジョニーと踊ります。カイルは嫉妬して、その様子をすごい目つきで見ます。
カイルとジョニーは喧嘩となって、ここでバイオリン勝負をします。さらにヘイワードがノリノリな音楽を流し、仲間たちとダンスを開始します。ダンスでコップが割れるなどし、警備員を呼ばれてしまい、ジョニーたちは急いで逃げることにします。

【転】- ハートビートのあらすじ3

学校でバレエの練習をしていたルビーの元に、ジョニーが謝りに来ます。ジョニーはバイオリンを貸してもらうこと、一緒にコンクールに参加することを頼みに来ました。
ルビーは彼の家での夕食の誘われて行きます。そして熱いキスをするのでした。
翌日の学校で、ルビーはカイルに話しかけられます。そしてバレエ団が見に来ることから、将来のためにも、一緒に組んでコンクールに出ないかと誘われます。しかしルビーは、カイルが計算高いこともあって断ります。カイルは学校一のダンサーのエイプリルと、ルビーたちを潰すと言い放つのでした。
ルビーはジョニーに、カイルたちが強敵であると相談します。それを聞いたジョニーは、ヘイワードたちに協力を求めるのでした。
ジャジーはパブで知り合った男性と遊んでばかりで、遅刻が多くなってしまいます。また、ルビーはコンテンポラリーの技術が達していませんでした。
校長に呼び出された2人は、奨学金を再検討すると言われます。さらにジャジーは、退学にするとまで警告されるのでした。
落ち込むルビーは、ジョニーからコンクールの結果で全てが変わると励まされます。
その後、委託販売店から連絡があって、ルビーは盗まれたジョニーのバイオリンが入ってきたと聞きます。

【結】- ハートビートのあらすじ4

コンクール当日、出発したジョニーは警官に同行を求められます。いつアメリカに来たか問いかけられ、落ち着きのないジョニーは忘れたと答えます。
警官の狙いはニールでした。ジョニーは5000ドルをやられたと話します。協力するかと言われ、行くべき所があると切り出すジョニーでした。
ルビーはジョニーが来なくて心配していました。ヘイワードたちもどうするかと悩みます。そして着々と出番が迫ってきます。
出番直前となって、ジョニーが駆けつけ、ルビーたちは安心します。ルビーはあのバイオリンをジョニーに渡します。
ルビーたちの演技が始まって、審査員からデタラメという意見と、進化や発展という意見が出ます。演技が終わると、観客席から大きな拍手が送られます。
コンクールの結果が発表されて、ルビーやジョニーたちが優勝となります。ジョニーは賞金を皆で分かち合うことを発表し、ルビーとキスをするのでした。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、バイオリンの音楽にバレエダンス、そしてヒップホップダンスが加わった、斬新な仕上がりとなっています。
ジョニーが弾くバイオリンの音色が美しくて聞き入ってしまい、ルビーの踊るダンスはしなやかで見とれてしまいます。ヘイワードたちが踊るダンスは力強く、パワーがみなぎっています。この3つが揃った、新しいダンスと音楽を劇中で見ることが出来ます。
その他にも、バイオリン奏者であるジョニーとカイルの勝負の場面では、音楽のみのバトルシーンも見ることが出来ます。互いに技術を競い合う様子に迫力を感じます。そして地下鉄では、ダンスのみのバトルもあって、こちらも迫力満点となっています。
最後まで見終わって、ダンスと音楽を融合しながら、バトルも加えた面白い作品です。斬新な映画を見たい時にお勧めとなっています。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ハートビート」の商品はこちら