映画:バッテリー

「バッテリー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

バッテリーの紹介:2007年公開の日本映画。あさのあつこのベストセラー小説『バッテリー』の映画化。飛び抜けた才能と、傲慢なほどの自信を持つピッチャー・巧と、巧とバッテリーを組むことになったキャッチャー・豪の一年間の物語である。

バッテリーの主な出演者

原田巧(林遣都)、永倉豪(山田健太)、原田青波(鎗田晟裕)、矢島繭(蓮佛美沙子)、戸村真(萩原聖人)、小野薫子(上原美佐)、永倉節子(濱田マリ)、草薙(山田辰夫)、阿藤監督(塩見三省)、校長(岸部一徳)、原田真紀子(天海祐希)、原田広(岸谷五朗)、井岡洋三(菅原文太)

バッテリーのネタバレあらすじ

【起】– バッテリーのあらすじ1

バッテリーのシーン1

画像引用元:YouTube / バッテリートレーラー映像

巧は中学へ入学する年に、父の転勤のために母方の実家がある岡山県新田市へ引っ越しました。巧の祖父・洋三は甲子園出場校の名監督で、巧自身も少年野球大会で活躍する有名なピッチャーです。

巧には病弱な弟・青波がいて母・真紀子はいつも青波のことを心配しています。

新田神社へランニングに出かけた巧は、そこで地元の少年野球チーム・新田スターズのキャッチャーをしていて巧のファンになった永倉病院の息子・豪と知り合いました。

「一度、球を受けさせてもらえんか」という豪の願いを聞き入れた巧は、巧みの剛速球を受け止めた豪と意気投合しました。

巧と豪は入学後、学校の野球部に入ります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「バッテリー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×