映画:パッドマン5億人の女性を救った男

「パッドマン5億人の女性を救った男」のネタバレあらすじと結末

パッドマン 5億人の女性を救った男の紹介:2018年公開のインド映画。貧しさゆえ安価で清潔な生理用ナプキンが買えず、汚れた布を使っている妻や女性たちのために、自らの人生をナプキン製造と普及に捧げた実在のインド人男性の半生を描いたヒューマンドラマ。監督は『マダム・イン・ニューヨーク』プロデューサーのR・バールキ。何かと生理がタブー視されている本国インドでも大ヒッ中。

あらすじ動画

パッドマン5億人の女性を救った男の主な出演者

ラクシュミ(アクシャイ・クマール)、パリー(ソーナム・カプール)、ガヤトリ(ラーディカー・アープテー)

パッドマン5億人の女性を救った男のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- パッドマン5億人の女性を救った男のあらすじ1

2001年、インドの小さな村。腕利きの修理工ラクシュミは、美しく古風なガヤトリを嫁に迎え、貧しいながら幸せな新婚生活を送っています。
お守り紐結びの日。既婚者のラクシュミの妹が家へやって来て賑わう中、ガヤトリが慌てて席を立ちました。生理が来たのです。生理になると穢れが家に入るという考えがこの地で信じられていて、生理中の女性は廊下で過ごすしきたりがありました。結婚後初めてのガヤトリの生理。心配になったラクシュミが廊下の彼女の様子を伺うと、生理の処理に汚れた布を使い、周囲に隠すためにサリーで覆って干していました。清潔とは言い難い状態にラクシュミは驚きます。ガヤトリを案じたラクシュミは、早速薬局へナプキンを買いに行きますが、インドでは男性が生理に関わるなどタブー行為で、白い目を向けられました。そのうえナプキンは55ルピーという高額。ラクシュミは通りかかった友人バブルから金を借りて、ナプキンを購入しました。ところがナプキンを受取ったガヤトリはその値段を知って困惑し、返却することを求めました。

結局薬局にナプキンは返却できず、ラクシュミは隠し持ったまま職場へ。すると同僚が作業中に腕に怪我を負い、ラクシュミは持っていたナプキンを咄嗟に傷口へ当て、病院へ搬送しました。同僚はラクシュミの行為を毛嫌いしましたが、医師には褒められます。汚い布を当てていれば、腕を切断したかもしれないのです。ラクシュミは医師から、インドでは生理に汚い布や灰を使う人も多く、それが病気や不妊を招き、死に至るケースもあると聞かされ、ガヤトリには清潔なナプキンが必要だと痛感しました。

ラクシュミはナプキンが高価な理由を探るため分解してみると、材料費は売値の1/4で済むと理解します。そこでラクシュミは綿などの素材を揃えてナプキンを試作し、ガヤトリに渡しました。しかし結果は来月の生理まで持ち越しです。
約1か月後。ガヤトリは再び布を使っていました。ラクシュミのナプキンは吸収力が無く失敗作だったのです。そこでラクシュミは綿を増量し、防水用のビニールを入れたものに進化させます。しかしガヤトリはラクシュミに呆れて使ってくれません。更にラクシュミと同居中の妹2人には、男性がナプキンを持っていることにドン引きされてしまいます。

【承】- パッドマン5億人の女性を救った男のあらすじ2

新たなナプキンの使用感をどうしても知りたいラクシュミは、もう1人の妹の嫁ぎ先を訪ねてみますが、ナプキンを隠し持っていたことが妹の家族に見つかってしまいます。家族に軽蔑された妹は、泣いてラクシュミを責めました。事件を知った母もラクシュミは結婚してから気がおかしくなったと言い放ち、ガヤトリの立場が狭くなりました。
それでも妻を守りたいとの思いが揺らがないラクシュミは、女子医科大生の意見を求めようと、校門で学生を待ち構えました。多くの学生に避けられますが、唯一理解を示す学生に遭遇できたラクシュミは、アンケートを添えたナプキンを彼女に託します。しかし結局ナプキンは他の学生は試してくれなかったうえに、女性大生と浮気をしているとの噂も流れ、家族のラクシュミへ対する風当たりは強まる一方です。

近所の少女が初潮を迎えたと知ったラクシュミは、廊下にいる少女にナプキンを手渡したのをその娘の母に見られ、辺りは大騒ぎに。ラクシュミの一家は引越しせざるを得なくなり、ガヤトリも実家に戻ることにします。しかし「君が心配だったから」と泣きながら弁明するラクシュミをガヤトリは置いていけませんでした。ガヤトリはナプキンを試す代わりに、口外しないことを約束させます。ところがガヤトリは、再び布を使用。男性ながらナプキンにこだわるラクシュミを撥ねつけるのでした。

ラクシュミは自身がナプキンを試せばいいと閃きます。動物の血や、大きめの女性用のパンツを入手し、ポンプから少しずつ血を出す装置を作り、実験しながら自転車に乗りました。最初は順調でしたが、途中でラクシュミの下半身が真っ赤に…。窮地に立ったラクシュミが、聖なる河であるナルマダ河に飛び込んだため、周囲は騒然となりました。河を汚したことでラクシュミは村人の会議にかけられ、呪術を使った、狂っているなどと非難されます。晒し者になったガヤトリも「女にとって、恥が一番辛い」と泣いて実家に戻りました。妻の恥を尊敬に変えると決意したラクシュミは、1人村を出ました。

【転】- パッドマン5億人の女性を救った男のあらすじ3

綿を学ぶ旅に出たラクシュミは、通常のナプキンにはセルロースファイバーが使われていると知り、セルロースの知識を得るため、インドール工科大学の教授の住込み使用人となります。ラクシュミは忙しい教授に相手にされないものの、教授の賢い息子がネットで調べてくれ、米国からセルロースのサンプル生地を取り寄せました。届いた生地はボール紙でしたが、細かくすれば綿になることをラクシュミは発見。そのうち教授にナプキン研究がバレますが、ラクシュミの男気を気に入った教授は、ナプキン製造機を紹介し購入を勧めました。しかしそれには莫大な費用が必要です。パソコンで製造機の構造を見たラクシュミは、“自分で機械を作ることを思いつき教授の家を出ました。

小さな村でオンボロな小屋を借りたラクシュミは、安い部品を仕入れ、“粉砕・圧縮・包装・殺菌”の4工程を行うための機械製作に試行錯誤します。すぐに僅かな資金はつき、村の金融業者から借金をしてでもラクシュミは研究を続けました。そして様々な物からアイディアを得たうえ、持ち前の器用さを生かし、ナプキン製造機を完成させたのです。

ある夜。タブラの演奏会で村に来た若いパリーは、突然生理になり薬局を探していました。パリーに遭遇したラクシュミは、出来上がったナプキンを渡したうえ、感想を聞くために翌日パリーの滞在ホテルを訪ねます。使用感を問うラクシュミを怪しんだパリーが、冷たく「“普通よ”」と答えますが、彼にとっては何よりも嬉しい回答でした。その頃ガヤトリは、兄に離婚の手続きを進められていました。それでもガヤトリは、ラクシュミが“別人”になって戻ってくると信じています。そんな時ラクシュミから連絡が。久しぶりの会話なのに、ナプキンの話ばかりするラクシュミにガヤトリは落胆しました。

パリーと言えば父はインド工科大の教授、本人も大学卒業後にMBAを学ぶという先進的な女性です。そんな彼女はラクシュミの研究に興味を持ち、作業場を訪ねました。ラクシュミはナプキン製作の経緯と、製造機を紹介します。9万ルピーという破格で機械が完成したのは、削った睡眠、失った自分の尊厳、少々の知恵と借金だとラクシュミは語って聞かせました。ラクシュミの熱意に心を打たれたパリーは、ナプキンの片側がくっつけばよいと感想を述べ、デリーに戻りました。

【結】- パッドマン5億人の女性を救った男のあらすじ4

しばらくしてバリーから連絡が来ます。インド最大の発明コンペがあり、ラクシュミはナプキン製造機の出品を打診されたのです。大賞の賞金が20万ルピーと聞いたラクシュミは、デリーへ向かいました。英語が話せないラクシュミは片言ながら懸命にプレゼンしました。いよいよ発表の時を迎え、ラクシュミは見事大賞に輝きます。プレゼンターの俳優から“米国にはスパイダーマンがいるが、インドにはパッドマンがいる”と称えられました。
パリーはお祝いとしてラクシュミに携帯電話をプレゼントしたうえ、特許取得にも動き出します。ところがラクシュミは儲けることよりも、インド女性5億人のうち、ナプキンの使用率が12%しかない現実の方が重要でした。“手作りナプキンはある人のための発明で、その人の役に立てないけど、多くの人の役に立つために村々を回る”との手紙と、テープ付きのナプキンのサンプルを残し、ラクシュミは旅立ちました。

ラクシュミの受賞は国内中に知れ渡り、作業場へ戻ると大歓迎されました。しかし記事の内容を読まずに騒いでいた人々が、ラクシュミがナプキンを作っていたと知り蔑みます。偉業を聞いて会いに来たバブルには、故郷には帰れないと告げました。周囲の理解を得られず憤ったラクシュミは、再びパリーへ連絡します。大企業に採用されたパリーでしたが、ラクシュミと共にナプキンの周知活動をするため、就職を蹴って彼のもとにやってきます。パリーは女性という立場から、まずは村の女性たちに清潔なナプキンの必要性を説明し、販売も始めました。古びた作業場で2人の共同生活が始まります。

ある日ナプキンを買った女性が、飲んだくれの夫から逃げて作業場へ来ます。ラクシュミとパリーは彼女を自立させるため、活動を手伝わせることにしました。次第に2人に共鳴した女性たちが仲間となっていきます。働く女性たちは生き生きと輝きました。ナプキンは妖精を意味する“パリー”と命名。やがてラクシュミとパリーは、女性たち各々に機械を製造させ、ナプキンの売上金でローンを返済するシステムを作り、女性の自立を促します。代わりに2人は、普及活動のため国中を回りました。
2人の活動は話題となりテレビ取材も受け、国外からもナプキンの注文が来るように。一方、テレビを見たガヤトリは、だらしないラクシュミの身だしなみが整えられていることに、不安を覚えました。

これまでの活動を評価されたラクシュミは国連から招待され、ニューヨークでの演説を依頼されます。本番前に緊張するラクシュミに、パリーは優しくキスをしました。いつしかパリーは彼に思いを寄せていたのです。パリーに背中を押されてラクシュミは舞台に立つと、通訳を通すのをやめ、片言の英語で熱く語り始めました。「富を追っていたら、パッドマンではなくマネーマン。変人扱いされ苦労したけども、ナプキンの利用率を100%にすること、女性100万人が仕事を持つことが自分の夢」と。ラクシュミの演説は聴衆の心を打ちました。
演説を終えたラクシュミとパリーはいい雰囲気になりますが、ちょうどガヤトリから電話が鳴ります。察したパリーは強気を演じ、身を引くことにしました。2人が帰国すると、政府からラクシュミへの褒章授与が知らされます。増々活躍が見込まれるラクシュミを留まらせないため、パリーは別の道を歩むことに決めました。「パリーがラクシュミを作った」とラクシュミは彼女に感謝の想いを告げました。

故郷の村へ戻ったラクシュミは英雄として迎えられ、ガヤトリにも再会を果たします。その後ガヤトリは“パリー”を使い、生理中でも部屋を変えることなく、仕事もこなせるようになりました。パリーは外国へ行き、ラクシュミはその後も精力的に活動を続けました。

みんなの感想

ライターの感想

何故か今まで鑑賞したインド映画がシリアスで静かなものが多かったので、明快でゴージャス、そして歌もダンスもたっぷりという今作を見て、これがインド映画なのだと実感しました。ボリウッドと称される理由も納得しました。
例え脚色はされていたとしても、多くの女性を救ったパッドマンの功績は映画化されるべきだと強く思いました。ラクシュミの演説シーンは実際の映像を見ているようで、胸にグッときました。
インドの文化にも多々触れることができ、カルチャーショックな内容も多かったです。先進国の日本だって、生理についての云々は男性に敬遠されがちではないでしょうか。ぜひ男性にも鑑賞して欲しい作品だと感じました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「パッドマン5億人の女性を救った男」の商品はこちら