映画:パワー・オブ・ザ・ドッグ

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【承】– パワー・オブ・ザ・ドッグのあらすじ2

パワー・オブ・ザ・ドッグのシーン2

画像引用元:YouTube / パワー・オブ・ザ・ドッグトレーラー映像

ローズが好きだと思ったジョージは、積極的にアタックしました。ローズのところへ会いに行き、熱烈に口説きます。

ローズは夫が亡くなったあと、慣れない仕事をして生活費を稼いでいましたが、限界を感じていました。居酒屋経営も宿屋の経営も向いていないと気づいたローズは、求愛してくるジョージが大牧場の跡取りだと知ります。

息子のピーターを大学にやりたくても学費に困るローズは、ジョージの財力を魅力的に思いました。そこでジョージの求愛にこたえようと思います。

フィルは牧場の仕事を熱心にしていました。牛を大事に育て、やがて殺して肉を捌きます。剥いだ皮を使うこともできるのですが、フィルはそれを燃やしてしまいます。先住民が買いたいと言っても、フィルは譲らずにいました。頑固な一面を持っているのです。

フィルが知ったときには、ジョージはローズとの結婚話を進めていました。ローズは求婚を受けると宿屋を売ります。

フィルはジョージからいきなり「ローズと結婚する」と報告を受けて驚きました。ローズが求婚を受けるとしたら財産目当てだと言おうとしますが、ジョージは「日曜に結婚した」と話すので絶句します。

【第3章】

フィルはローズと結婚すると、バーバンク牧場へ引っ越してきました。息子のピーターもいっしょです。但しピーターはジョージの資金援助を受けて医大へ進学するので、普段は都会の大学へ行って牧場にはいません。

ローズが牧場へ越してきたので、フィルは気づまりな思いをします。ひとつ屋根の下で暮らすフィルは、ジョージとローズが隣の部屋でベッドインするのが聞こえたので、イライラします。

ジョージは、ローズと結婚したことで有頂天になっていました。この幸福を自慢したいらしく「食事会をしよう」と言い出しました。知事夫婦を招待したいと言います。ジョージは両親にもローズを紹介したいので、知事夫婦と一緒に両親も招こうと計画します。

悪気がないジョージは、新妻のローズをみんなに自慢したくてたまりませんでした。ローズがピアノを弾くのを自慢したいので、牧場にピアノを購入して置き、食事会でも披露させようとします。ローズのピアノの腕は、上手ではありませんでした。ジョージが浮かれて準備をするので引っ込みがつかなくなり、届いたピアノで練習をしてみますが演奏はつたないものです。

フィルは2階でローズのつっかえるピアノ演奏を聞きながら、バンジョーでわざと同じメロディを演奏します。2階からバンジョーのメロディを聞いて、ローズは恥ずかしくなりました。焦りからよけいに指が動かなくなります。

食事会の日が近づいたときに、ジョージはフィルに願いごとをします。知事夫婦を招くことを話し、フィルに「風呂に入ってくれ」と言いました。フィルはもともと食事会に顔を出したくないので、むっとします。

知事夫婦と両親がやってきました。ジョージは彼らを招くと、もてなしを始めます。

招待を受けてやってきたものの、知事夫婦はジョージのことをあまり快く思っていませんでした。顔つなぎのためにやってきただけのようで、内心はジョージのことをバカにしているのが態度で判ります。ジョージはそれに気づいていませんでした。ローズを紹介して「ピアノが弾ける」とアピールします。

フィルは食事会に顔を出したくないと言い、牧場で仕事をしていました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×