映画:パーフェクトワールド 君といる奇跡

「パーフェクトワールド 君といる奇跡」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

パーフェクトワールド 君といる奇跡の紹介:柴山健次監督によって2018年に公開された作品で、「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」の岩田剛典と杉咲花が主演をつとめています。高校時代の初恋の人であり、その後の事故で障がいを負い、車いす生活となった先輩と社会人になり偶然再会したヒロインの恋愛模様を描いたストーリーで、ヒロインとともに苦悩を乗り越えていく様子が描かれています。

あらすじ動画

パーフェクトワールド 君といる奇跡の主な出演者

鮎川樹(岩田剛典)、川奈つぐみ(杉咲花)、雪村美姫(大政絢)、渡辺剛(マギー)、長沢葵(芦名星)、是枝洋貴(須賀健太)、鮎川文乃(財前直見)、川奈元久(小市慢太郎)、川奈咲子(伊藤かずえ)

パーフェクトワールド 君といる奇跡のネタバレあらすじ

【起】– パーフェクトワールド 君といる奇跡のあらすじ1

パーフェクトワールド 君といる奇跡のシーン1

画像引用元:YouTube / パーフェクトワールド 君といる奇跡トレーラー映像

24歳の川奈つぐみは高校時代から絵を描いており、現在はそれを生かしてとある会社でインテリアコーディネーターとして働いていました。

会社の同僚と一緒に参加した飲み会で、つぐみは建築士の鮎川樹と再会します。

樹はつぐみの高校時代の先輩で、高校時代に図書委員だったつぐみは樹が本を借りにきたことがきっかけで知り合い、彼にほのかな恋心を抱いていたのでした。

つぐみが高校時代に樹の姿を想像して描いた風景画はコンクールで入賞するほどの出来栄えで、つぐみは絵の道は断念したものの今の会社に就職することになります。

また樹も一級建築士となり、自らのアイデアが採用されコンペに応募する作品を作るなど、若手建築士として活躍しているのでした。

お互いに再会を喜び合い、同僚たちにそそのかされてまんざらでもない様子のつぐみでしたが、樹が席を立つ際に同僚の手を借りて車椅子に乗り込んでいる姿を見て、彼が障がい者であることを知るのでした。

取引先の会社同士となったつぐみと樹は仕事やプライベートで会うことが増え、仲を深めていきます。

そんなとき樹の同僚から連絡が入り、彼が入院したことを知るのでした。

樹は下半身の神経が麻痺していることで自分でも気づかないうちに傷を作ってしまうことがあり、それが悪化したことで発熱を起こしてしまうのだと言います。

しかしコンペを控えた樹は、それまでにどうしても作品を仕上げたいと、看護師の言うことも聞かず病室で必死に体を起こして夜中まで仕事に打ち込みます。

そんな樹の姿を見てつぐみは看護師を説得し、彼に付き添いながら一緒にコンペ用の絵を完成させるのでした。

その甲斐あって樹の作品は評価され、それをきっかけに樹とつぐみは頻繁に会うようになります。

樹は大学時代に事故に遭って下半身が動かなくなってしまったことを話し、パートナーに苦労をかけてしまうことを理由に、誰とも付き合うつもりはないことをつぐみに告げるのでした。

そして高校時代から付き合っていた女性・雪村美姫とも、事故をきっかけに別れてしまったことを話します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「パーフェクトワールド 君といる奇跡」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ