映画:ピュア純潔

「ピュア純潔」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

ピュア 純潔の紹介:2010年製作のスウェーデン映画。地元の生活に嫌気がさしていた女性が、クラシック音楽に出会い、コンサートホールでの仕事に生きがいを感じ、一人の指揮者に惹かれて新しい人生を築こうとする姿を描いている。オスカー女優、アリシア・ヴィキャンデル主演で贈るドラマ。

あらすじ動画

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

ピュア純潔の主な出演者

カタリナ(アリシア・ヴィキャンデル)、アダム(サムエル・フルーレル)、ブリジッタ(ジョセフィーヌ・バウアー)、マチアス(マルティン・ヴァルストロム)

ピュア純潔のネタバレあらすじ

【起】- ピュア純潔のあらすじ1

1年前、20歳のカタリナはモーツァルトの音楽に出会い、夢中になります。これにより、男たちから離れることができました。彼らはまだ酷い生活を送っているのだと、彼女は語ります。
カタリナにはマチアスという恋人がいました。彼に救われたことから、母は大切にするようにと言ってきます。
二人は都会のコンサートホールに行って、クラシック音楽の演奏を聞きます。マチアスは退屈でしたが、カタリナは美しい音楽に涙を流します。
以前、カタリナは売春婦をしていました。職場に自分を買った男の弟がいて、からかわれたカタリナは彼を殴ります。カウンセラーと面談することになり、カタリナはネットなんて嫌いだと訴えます。
母は安定剤が必要だと考え、娘のために医師に処方を頼みました。感傷的すぎること、世間体を考えたらなど言われ、カタリナは激怒します。
コンサートホールに忍び込んだカタリナは、楽団が練習しているのを見ます。そこへ面接に来た人?と女性・マリーが話しかけてきます。
カタリナは、そうですと答えて面接を受けることにします。母はピアノの演奏家で、ガンで他界したと嘘をつきます。クラシック音楽が好きであると伝えると、仮採用してもらえることになります。

【承】- ピュア純潔のあらすじ2

受付の仕事を任されたカタリナは、仕事中に演奏している人たちを見て、目に涙を浮かべます。指揮者の控室に行って、カタリナはアダムに郵便物を渡します。アダムは窓際に座っていました。
一緒にコーヒーを飲むことになり、カタリナはキルケゴールの言葉など、アダムと楽しく喋ります。
アダムは本を貸して、感想を聞かせて欲しいと頼みます。カタリナが本を見ていると、マリーがその著者が偉大な詩人であり、命を救ってくれた人であると話してきます。
その言葉の数々を聞いて、カタリナは感動します。アダムに渡しに行くと、しばらく持ってて良いと言われます。
アダムは家まで送ってくれます。途中、二人はピザ屋で食事をすることにします。アダムは、彼女の母親が演奏家でないことに気づきます。
ある音楽をアダムは聞かせてあげます。カタリナはテンポと表現が良いと、アダムと同じ意見を言います。そのことにアダムは喜びます。
マチアスの家に帰ってきたカタリナでしたが、ベリットの妊娠のお祝いをしていて、さらに母も来ていることから不機嫌になります。受付の仕事を馬鹿にされて、カタリナは激怒して母を蹴ります。マチアスは彼女を落ち着かせます。
翌日、出勤したカタリナは、アダムに案内されて誰もいないホールに行きます。二人はそこで激しく愛し合います。

【転】- ピュア純潔のあらすじ3

別の日、受付でハンバーガーを食べていたカタリナは、アダムから紙を渡されます。その後、彼の家へと行きます。本の話しなどで盛り上がり、二人は愛し合います。
コンサートホールでは、子供向けの演奏会の紹介の仕事を募集していました。この仕事は正規雇用で、マリーが偉い方にカタリナを推薦していました。
喜ぶカタリナでしたが、マチアスから電話がかかってきます。母が病院に運ばれたのです。
命はとりとめましたが、精神病棟に移ることになり、公的なサポートを受けてみては?、と看護師からカタリナは言われます。
自分のことを話したのかと怒るカタリナに、マチアスは昨日どこに行ってたのか聞きます。カタリナはアダムが相手であると打ち明けて、仕事に戻ることにします。
カタリナはアダムに電話し続けました。彼は電話に出てくれず、翌日イタリアから妻が戻って不審がっていたと言われます。マチアスと別れたことを話すと、お互い楽しんだことだし、彼とは仲直りするように言われるカタリナでした。
マチアスに会いに行ったカタリナでしたが、荷物を投げられ、街の半数の男と寝たのに足りないのかと怒鳴られます。カタリナは家を飛び出します。
そばにいさせてほしいと、カタリナはアダムに頼みます。アダムは自分たちの恋は鮮やかだったと言って、今夜は会えないことを告げて去っていきます。
カタリナは、アダムがバーにやってくるのを待ちます。やってきて気づいたアダムは、妻がソファでカタリナの髪を見つけて、怒っていることを話し、バーから出て行くように指示します。

【結】- ピュア純潔のあらすじ4

アダムはマリーに指示をし、カタリナは解雇されることになります。辞めないと譲らないカタリナでしたが、警備を呼ばれて追い出されます。
公共のトイレで髪を洗い、カタリナはアダムに紹介された本と音楽を読んで聞きます。
コンサートホールに行ったカタリナは、もう一度働かせて欲しいとマリーに頼みます。本当は働いて欲しいけれど、アダムの考えが変わらないことから、マリーは無理だと話します。
そのままアダムの控室に侵入し、カタリナは演奏を終えたアダムと会います。アダムはつきまとうなと言ってきます。
カタリナはつきまとわないから仕事を返してと頼みます。アダムは君のせいで離婚になると言い返します。
音楽に合わせて踊れれば、仕事を返してやると言われ、カタリナは半分泣きながら踊ります。
これなら仕事を返さなければと言って、アダムは開いた窓際に座ります。しかしアダムは、カタリナがイカれていると言って、仕事を返さないと撤回します。
カタリナは怒り、アダムを窓から突き落とします。そしてコンサートホールを出ていきます。外では人だかりができており、救急車が来ていました。カタリナは急いで去りますが、途中吐いてしまいます。
母の入院する病院に行って、カタリナは彼女のお腹の上に頭を乗せて涙を流します。母は来てくれて嬉しいのですが、泣いていることに気づきます。
カタリナとアダムのことは、誰も知りませんでした。新しい家に住むことになり、カタリナは面談でよくぞ乗り越えたと褒められます。
他の地元の子の見本になると言われ、カタリナはコンサートホールで働けるようになりました。子供たちがコンサートホールにやってきて、カタリナも席に座って笑顔になります。

【お知らせ】Youtube動画でわかるネタバレはこちら!

定期的に動画をアップするので、チャンネル登録よろしくお願いします!

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、劇中で流れるクラシック音楽の数々が場を盛り上げています。カタリナのバッグで流れる曲は、彼女の心情を表現しているかのようで、胸に突き刺さります。
今作では、コンサートホールが舞台になっていることから、その内部を見ることができます。非常口や控室など、普段目にすることのない光景に興味が湧いてきます。
ストーリー展開は早すぎず、じっくりとしたスピードで進んでいきます。そのこともあり、ラスト付近でのアダムが突き落とされる場面は、急降下したかのようなスピード感をもたらします。
最後まで見終わり、女性を裏切ったらこうなるぞと、メッセージ性を感じました。真面目に恋して、女性を大切にしようと、男性は思える作品になります。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ピュア純潔」の商品はこちら