「ピータールー マンチェスターの悲劇」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【転】– ピータールー マンチェスターの悲劇のあらすじ3

ピータールー マンチェスターの悲劇のシーン3

画像引用元:YouTube / ピータールー マンチェスターの悲劇トレーラー映像

しかし、過激派運動は一部であっても熱を帯びていった。国王一族の処刑、革命を起こせ!と陽動したが、察した治安部隊に鎮圧されてしまった。

密かにマンチェスターに入っていたハント、集会が1週間延期になったことを知らされると、先の過激派集会の鎮圧を知り一箇所に止まり続けるとすぐ逮捕されることを感じ、協力者の一人、ジョンソンの自宅に潜むことにした。

やがてハントを訪ねて一人の男性が訪ねてきた、それはロンドンでのハントの演説に共鳴した、ぜひ警護をさせてほしいと言ってきたサミュエルであった。しかしどこの誰かも分からないサミュエルにハントは申し出を丁寧に断った。

今、集会で演説することはリスクがあまりに高すぎると、ハントの友人たちは彼を引き止めようとしたが、ハントの決意は高かった。

さて、その頃ジョセフとその家族は聖ピーターズ広場での集会に参加するか否かについて話し合っていた。周囲の反対する人々が捕縛され、牢獄、拷問、処刑される姿を見ている。

リスクがあまりに高い、それでもハントの演説を見にいきたいか…と。

仕事も失うかもしれない、家族がバラバラになるかもしれない、しかし噂ではこの集会は平和そのものだと言われていたので、参加しようと決意した。

その頃、ビングは治安検事たちから革命が本当に起こるのではないか、と不安な声を聞かされていた、ビングはとりあえず自分の部下の中佐に指示を任せ、私は集会には参加しないと言い放った。

集会当日、武器を持たない平和で自由なものであろうと決意したハント、少数でも自衛のために武器を持っていたかったジョンソン、平和な集会だと信じて参加したジョセフ一家。

ハントは待ち構えていた治安判事たちに囲まれ、自分の逮捕状はまだ出ていないことを確認し、逮捕状が出たら私は従うと毅然と言い放った。

そして、運命の集会が幕を開いた。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ピータールー マンチェスターの悲劇」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×