映画:ファッションが教えてくれること

「ファッションが教えてくれること」のネタバレあらすじと結末

ファッションが教えてくれることの紹介:2009年公開のアメリカ映画。ファッション雑誌『ヴォーグ』アメリカ版の編集長アナ・ウィンターと、雑誌編集に密着したドキュメンタリー。ファッション界におけるアナの仕事ぶりや私生活について描く。

あらすじ動画

ファッションが教えてくれることの主な出演者

アナ・ウィンター(アナ・ウィンター)、グレイス・コディントン(グレイス・コディントン)、アントレ・L・タリー(アントレ・L・タリー)、シエナ・ミラー(シエナ・ミラー)、タクーン・パニクガル(タクーン・パニクガル)、カール・ラガーフェルド(カール・ラガーフェルド)

ファッションが教えてくれることのネタバレあらすじ

【起】– ファッションが教えてくれることのあらすじ1

(原作者は否定していますが、アナ・ウィンターは映画『プラダを着た悪魔』の編集長・ミランダ役のモデルとなったのではないか…と言われている人物です)

アナは最大手のファッション雑誌『ヴォーグ(VOGUE)』アメリカ版の編集長です。

アナは言います。「ファッションに恐れや不安を抱く人が多い」「つい過剰に反応する人がいる」…。

「ファッションが与える〝何か〟が、人々を動揺させているのだ」と。

アナはファッションの重要性をよく知る人物でした。

2007年、ニューヨークのヴォーグ編集部では、一年で最も重要な秋の特大号・9月号に向けての準備に追われています。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ファッションが教えてくれること」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ