映画:ファーストポジション夢に向かって踊れ!

「ファーストポジション夢に向かって踊れ!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ファースト・ポジション夢に向かって踊れ!の紹介:ユース・アメリカ・グランプリに出場した6名の若きダンサーの姿を追った作品。涙と感動の舞台裏を描いている。トロント国際映画祭2011ドキュメンタリー部門観客賞受賞。NYドキュメンタリー映画祭2011ベストドキュメンタリー観客賞受賞。サンフランシスコ・ドキュメンタリー映画祭2011審査員最優秀映画受賞。ポートランド国際映画祭2012観客賞受賞。ダラス国際映画祭2012観客賞受賞。

あらすじ動画

ファーストポジション夢に向かって踊れ!の主な出演者

アラン・ベル、ミケーラ・デ・プリンス、レベッカ・ハウネット、ジョアン・セバスチャン・ザモーラ、ミコ・フォーガディ、ジュールズ・フォーガディ、ガヤ・ボマー・イェミニ

ファーストポジション夢に向かって踊れ!のネタバレあらすじ

【起】– ファーストポジション夢に向かって踊れ!のあらすじ1

バレエコンクールのユース・アメリカ・グランプリでは、9歳から19歳の子が名門の足がかりとして参加します。奨学金やプロ契約のスカウトを得ることができます。

世界15以上の都市で5000人以上が参加します。ファイナルに進出できるのは200人程度です。世界中のバレエ団のトップがきて、子供達は5分の演技に全てをかけます。この映画ではコンクールに参加したアラン、レベッカ、ジョアン、ミコ、ジュールズ、ミケーラにスポットをあてて紹介しています。

アランは現在11歳の少年です。バレエは4歳から始めて厳しい練習を行っています。イタリアのナポリ、米軍基地の側に住んでいます。

フィラデルフィアのロック舞踊学校に通うミケーラはシエラレオネ出身です。彼女は内戦の中で生まれ、両親は殺されて叔父が孤児院に預けてくれました。

そしてアメリカに住む現在の両親の養女になったのです。両親は子供を紛争地域から引き取りたいと考えていました。ミケーラは白斑があるから誰にもひきとられずにいました。

ミケーラの母は、ある母親に黒人にバレエは無理と言われたこともあると言います。母は演技をしているミケーラを客席から見ると白斑が見えないから大丈夫と言います。ミケーラは黒人だと良いと言われませんが、奨学金を夢見てレッスンに励みます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ファーストポジション夢に向かって踊れ!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×