「フィリップ、きみを愛してる!」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

【承】– フィリップ、きみを愛してる!のあらすじ2

フィリップ、きみを愛してる!のシーン2

画像引用元:YouTube / フィリップ、きみを愛してる!トレーラー映像

隠し事は思いがけないことで露わになってしまう。彼は男性との密会の後に車で事故を起こしてしまった。大けがを負いながら、彼はこう思った。まだ自分は思い切り生きていない。嘘はもうやめて、堂々とゲイとして生きる。

なんと見舞いに訪れた妻にも告白し、離婚。退院した彼はフロリダに移り男性の恋人、ジミーと子犬たちと暮らし始めた。甘い顔立ちのジミーとの生活は栄華を極めた。欲しいものは手あたり次第手に入れ、高級なホテルやレストラン、バーにも頻繁に足を運んだ。仕事はしているものの、そんな暮らしをしていてはお金がいくらあっても足りない。スティーブはお金がないことへの対策として生活水準を落とすことはしなかった。その場合の資金の調達は想像通り、良いものではなかった。保険金詐欺、カード詐欺、旅券詐欺に身分証も複数用意し詐称を繰り返していた。クリスマスにはジミーとおそろいの高級腕時計を手にし、元妻と娘には多額の現金を送った。善良な元妻は彼にやりすぎだと言うが、彼は悪びれなかった。

やがて彼の仕事場に警察が来てしまい、元警官で刑務所の実態を知る彼は大量にアルコールで服薬し入院。病院のベッドで目が覚めると眼前には心配そうなジミーがいた。病室の外では元妻と警察官が話している。ジミーが彼が目を覚ましたことを伝えに来ると、元妻は彼が犯罪に手を染めたのはゲイであることが原因なのでは?と零しジミーは反論しようとした。その隙にスティーブは病室を抜け出した。その彼の姿を目にした2人と警察官は彼を追う。彼は屋上に飛び出し、逃げようとした目論見を外し結果として飛び降りてしまった。

そしてそのまま結局刑務所に収容されてしまいました。

騒がしい刑務所内。同室になった男に刑務所内を案内するスティーブの様子は慣れたものだった。刑務所内でのやり取りについてまわる性行為の暗喩ももちろん教えた。彼はここでもゲイとして生きているようだ。彼の味方は元妻と娘だけだが、電話も定時連絡がなくなり留守電にメッセージを残すのみ。ケンカも日常茶飯事の刑務所内で、フィリップに一目惚れをしてしまった。エイズにり患した友人を外部の医療機関に診せるための方法を探す彼に、スティーブはアドバイスをしてそれをきっかけに二人は仲良くなった。しかしフィリップはこの日別の棟に移ってしまうという。スティーブは諦めずに囚人たちのツテを使って、二人は何度も文通で言葉を交わした。フィリップが手紙を心待ちにするようになった頃、なんとスティーブはツテを使い彼と同室に。晴れて一線を越える二人は、愛を育んでいった。たとえ刑務所の中であってもふたりで居れば幸せだった。しかしスティーブの恋にはまたしても障害が。

フィリップの為に起こした傷害事件がきっかけで別の刑務所に移ることになり、離れ離れになってしまいました。

それから3か月。スティーブは釈放され、古着屋でスーツ一式に身を包むと弁護士のフリをしてフィリップの面会に向かった。再会に喜ぶフィリップに、釈放させ二人で生きることを約束。詐称によっていとも簡単に彼を釈放させてしまったのです。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フィリップ、きみを愛してる!」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×