映画:フライト[Flight]

「フライト[Flight]」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレストガンプ」で知られるロバート・ゼメキス監督が描くヒューマンドラマ。奇跡の緊急着陸で多くの乗客の命を救った機長は英雄とされるが、彼は事故当時も重いアルコール中毒に陥っていた。

あらすじ動画

フライト[Flight]の主な出演者

ウィップ・ウィトカー(デンゼル・ワシントン)、ヒュー・ラング(ドン・チードル)、ニコール・マッゲン(ケリー・ライリー)、ハーリン・メイズ(ジョン・グッドマン)

フライト[Flight]のネタバレあらすじ

【起】– フライト[Flight]のあらすじ1

旅客航空機のベテラン機長であるウィトカーは、前夜に恋人の客室乗務員・カテリーナとのセックスと酒に溺れ、徹夜でアトランタ行きの操縦席に乗り込む。

飛行中も飲酒、うたた寝をするが、機体のただならぬ急降下で目を覚ます。

背面飛行、胴体着陸など出来うる限りを尽くした結果、乗客102名のうち96名の生存が確認された事故直後、ウィトカーは気を失う。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「フライト[Flight]」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×