「フライト」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【転】– フライトのあらすじ3

フライトのシーン3

画像引用元:YouTube / フライトトレーラー映像

 その足で入院中のエヴァンスに会いに行きます。墜落の原因が何だったかと問うウィップに彼は、あなたの操縦で多くの人が生き残ったが、体調がベストではなかったと答えました。

帰宅し、ニコールから禁酒会に出ようと言われますが一緒に逃げようと言うウィップ。しかし翌朝ニコールは置き手紙をし、そんな彼の家から出て行きました。

置き手紙を読んだウィップは怒り、酒瓶を投げつけます。そこへチャーリーから電話があり、事故機を見に行くと彼とヒューがいました。

彼の主張通り機体の欠陥だと結論づけられそうですが、1つ問題が残っています。

それは乱気流でドリンクサービスを中止したにも関わらず、ギャレーでウォッカの小瓶2本が見つかったと言うものでした。誰の指紋、DNAも検出されていませんが、2本ともカラであり、それを触れることができるのは乗務員だけなのです。

マーガレット、エヴァンス、カミーは検査でシロです。残るはウィップとトリーナでした。

ヒューは最初、ウィップのことをなんて横柄なヤツだと思っていましたが、あの墜落シーンを他10名のパイロットにシミュレーターで再現させたが、誰1人成功しなかったのでウィップのことを尊敬していると言います。

10日後に公聴会があるので酒は飲まないよう伝えますが、ウィップは怒り心頭です。そのまま帰宅しますが、家の周りには事情を嗅ぎつけたマスコミが取り囲んでいたので、慌てて車をバックさせ、元妻ディアナの元を訪れます。

酔った状態で彼女と言い争っていると息子が現れ、出て行けと詰め寄られます。外へ出ると、マスコミに囲まれてしまいます。

最終的にチャーリーの家を訪れ、酒は出ないぞと伝えられるも公聴会まで彼の家に滞在することになりました。

次のページで結末を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フライト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×