映画:フルートベール駅で

「フルートベール駅で」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

フルートベール駅での紹介:2013年製作のアメリカ映画。新年を友人や家族と祝おうとした青年に起こった残酷な運命を描いている。2009年に黒人青年が警官に撃たれた事件を元に映画化した作品。ライアン・クーグラー監督の長編映画デビュー作。

あらすじ動画

フルートベール駅での主な出演者

オスカー・グラント(マイケル・B・ジョーダン)、ソフィーナ(メロニー・ディアス)、ワンダ(オクタヴィア・スペンサー)、カルーソ警官(ケヴィン・デュランド)、イングラム警官(チャド・マイケル・マーレイ)、ケイティー(アナ・オライリー)

フルートベール駅でのネタバレあらすじ

【起】– フルートベール駅でのあらすじ1

2009年の元旦に、フルートベール駅で事件は起こりました。

オスカーは売人をやめたいと、恋人のソフィーナに口を漏らします。ソフィーナは、一度浮気したオスカーが近づくのを嫌がります。オスカーにとって大切なのは、ソフィーナと娘のタチアナでした。

オスカーは新年、シスコで花火見物を考えていました。

以前働いていたスーパーに、オスカーはやってきます。店長のエミーに、もう一度雇って欲しいと頼みます。しかし、彼は遅刻をしない他の人を雇っていました。

妹のシャンテは、オスカーに家賃の300ドルを貸してと頼みます。2週間後に返すからと言われて、オスカーは応じることにします。

オスカーはマーカスに連絡して、今でもクサがいるか聞きます。マーカスは必要とのことで、1時間後に会うことになります。

ガソリンスタンドに寄ると、オスカーは野良犬を見つけて可愛がります。しかし、ガソリンを入れていると、野良犬は轢かれてしまいます。抱きかかえて助けを求めますが、誰も近くにはいませんでした。

2007年、オスカーは刑務所にいました。母・ワンダは面会にやってきて、タチアナが可愛そうなことを話し、もうここには来ないと言います。自首したことを伝えますが、母はハグをしてくれずに帰っていきます。

オスカーは白人にクサを1000ドルで売ったと話し、余った少しをマーカスに無料であげます。マーカスから吸うかと聞かれても、オスカーは吸いませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「フルートベール駅で」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×