「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」の感想

ライターの感想

天才であるが故の悩みや葛藤が描かれていますが、数学の知識が無くても楽しめる作品。ストーリの盛り上がりなどはないですが、キャサリンとロバートの過去が明かされていく内に真実が見えてきて、真実が見えるほど切なくなってきて胸が締め付けられます。苦しむキャサリンを傍でさせるハルの存在がキャサリンの希望となり、前向きなラストも良かったです。落ち着いていて、ゆっくりと噛みしめながら見たい作品でした。
    1 2 3 4 5

    「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」と同じカテゴリの映画

    関連記事はこちら

    ×