映画:ボクたちの交換日記

「ボクたちの交換日記」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ボクたちの交換日記の紹介:2013年公開の日本映画。鳴かず飛ばずのお笑いコンビが、現状を変えるために〝交換日記〟を始める姿を描いた青春ドラマ。鈴木おさむのベストセラー小説を、内村光良がメガホンを握って映画化した。

あらすじ動画

ボクたちの交換日記の主な出演者

田中洋平(伊藤淳史)、甲本孝志(小出恵介)、新谷久美(長澤まさみ)、宇田川麻衣子(木村文乃)、甲本サクラ(川口春奈)、川野純也(佐々木蔵之介)、中山(佐藤二朗)、紺野(大倉孝二)、BB・福田(ムロツヨシ)、ベッキー(ベッキー)、カンニング竹山(カンニング竹山)

ボクたちの交換日記のネタバレあらすじ

【起】– ボクたちの交換日記のあらすじ1

田中洋平と甲本孝志は、「房総スイマーズ」という結成12年を迎えるお笑いコンビです。いまだに鳴かず飛ばずで、若手芸人にも追い越されてあせりの色を隠せません。

高校を卒業してすぐコンビを組んだ2人は30歳目前です。

ある日、甲本は田中の家の郵便受けに交換日記のノートを入れました。

お互い面と向かってコンビについて語り合ったこともなく、かと言って今さらそれも恥ずかしく、だからコンビの絆を強くするためにも、お互い口に出せない思いを交換日記にしたためていこうというのが、甲本の狙いでした。

しかし当初の田中は、熱く記す甲本の日記に対して「嫌です」としか返しません。甲本はそれでも日記を記しました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

  • MasOrbitさんの感想

    「鈴木おさむ」原作と「内村光良」監督ときたら外しがないと思うのは僕だけでしょうか?玄人な映画通な方からすると色々批評もある映画なのでしょうが、こういうベタベタな青春のほろ苦さを表現してくれる映画は、私はすごく好きです。正直、劇中の漫才に関しては「何が面白いのかまったくわからんぞ」と突っ込んでましたが、交換日記を繰り返していくうちに、高まっていく二人の友情がすごく良かったと思います。最後、甲本の娘が田中を訪ねるシーンなんかは、何が起こるかすぐにわかってしまいますが、それでも目頭が熱くなる。ストーリーがわかっていながら、それでも楽しめる良い映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ボクたちの交換日記」の商品はこちら

IMAGE

ボクたちの交換日記 [レンタル落ち]

DVD > DVD

Amazonで見る