「ボーイズオンザラン」のネタバレあらすじと結末の感想

ヒューマンドラマ

ボーイズ・オン・ザ・ランの紹介:2010年公開の日本映画。残酷な現実にあがいて成長していく不器用な青年の姿を描いた作品。花沢健吾の漫画が原作。監督・脚本は「何者」の三浦大輔。主演は銀杏BOYZの峯田和伸で、原作の大ファンの彼は主題歌の「ボーイズ・オン・ザ・ラン」を書き下ろした。「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の黒川芽以、「悪夢探偵」シリーズの松田龍平も出演。

予告動画

ボーイズオンザランの主な出演者

田西敏行(峯田和伸)、植村ちはる(黒川芽以)、しほ(YOU)、青山貴博(松田龍平)、鈴木(小林薫)、斎田産業社長(リリー・フランキー)、マンモス部長(岩松了)

ボーイズオンザランのネタバレあらすじ

【起】- ボーイズオンザランのあらすじ1

ガチャガチャの玩具のメーカーの会社で働く田西敏行は、飲み会で植村ちはるという企画部の女性に目が離せなくなります。
欲求不満の田西は、テレクラを使って女性と接触するものの残念な結果に終わります。その時に顔を怪我して、絆創膏を貼って出勤します。
そんな田西に、ちはるが優しく絆創膏を変えてくれます。嬉しくて仕方ない田西でした。
田西が担当を任された店は、ガチャガチャの激戦区でした。ライバル会社のマンモスが新商品を展開していて、田西の会社のガチャガチャは売れ行きが良くありません。
商品を補充していると、ちはるからメールがやってきます。どうやら酔っぱらって変な約束をしてしまったのです。
その約束は、ちはるの少女漫画と田西のエッチビデオを交換することです。田西は家に帰ってエッチビデオを探しますが、アブノーマルな物ばかりで困ります。
同僚に貸していた女優ものを返してもらいます。会社でこっそりと二人は交換します。
中身を確認してなかった田西は、同僚から動物と女性が交尾しているものだと聞かされます。やってしまったと唖然とする田西でした。
そこに同じ店でガチャガチャを展開しているマンモスの青山がやってきます。メールの内容を見てアドバイスしてくれます。二人は仲良くなります。

【承】- ボーイズオンザランのあらすじ2

田西と青山は、お互いに女性を誘って飲みに行こうと提案します。田西はちはるを、青山は長谷川を呼びます。
田西とちはるは、帰りにホテルに寄ることになります。我慢できなくなった田西が抱きつくと、ちはるは泣き出します。
謝る田西に、ちはるが処女であることを打ち明けます。その日は何も起こらずに、家に帰ることにします。
月曜日になって、ちはるが出勤してないことに気づきます。彼女は風邪を引いて休んでいたのです。
近くに寄った田西は、栄養ドリンクを彼女のメールで頼まれて持っていきます。年賀状の住所を頼りに到着すると、出てきたのは風俗嬢のしほでした。
しほがちはるのメールを使って、栄養ドリンクを頼んだのです。ちはるが寝るまで一緒にいて、帰ることにします。
アパートの下で、しほが泥酔していたので田西が部屋まで運びます。しほから、実はちはるが田西とホテルでエッチをしたかった事を聞きます。
欲求不満の田西は、しほの家のトイレで自慰を始めます。しほにバレてしまって、コンドームを装着してくれます。
田西はちはるの事を考えて辞めて欲しいと頼みます。しほが悪戯っぽく少し触っただけで田西は昇天します。すると風邪が治ったちはるが部屋に入ってきます。
慌てて隠れた田西でした。ちはるは田西の事が好きだからと、電話で告白しようとします。しかし、隠れていた田西の携帯電話が鳴って、使い終えたコンドームが出てきます。

【転】- ボーイズオンザランのあらすじ3

それからというもの、ちはるは田西と一切口を聞かなくなります。落ち込み続ける田西は、トボトボと営業に出て行きます。
青山から、ちはるとの関係を聞かれた田西は、強がって抱きまくってると嘘をつきます。今度貸してあげるよとまで言ってしまいます。青山がぜひ宜しくと言ってきます。
同僚の結婚式で酔っぱらった田西は、ちはるに向けて自分の思いをスピーチでぶつけます。しかし、効果はありませんでした。
しほの店にいった田西は、ちはるの情報を聞きます。朝帰りばかりしていて、誰かと電話をしている様子です。最後には泣いているそうです。
エッチなおもちゃを買いに行った田西は、偶然ちはるを見かけます。一緒にいるのは、まさかの青山でした。
一人になったちはるに、田西が声をかけます。しほのアパートでの事を弁解しますが、ちはるは結婚式の事などを厳しく追及してきます。青山と付き合っていることを聞いた田西でした。
会社の同僚達から、ちはるが解雇されることを聞きます。現在ヒットしているマンモスのガチャガチャの商品は、元々ちはるが考えていた物だったのです。
ライバル会社に企画を売ったのではと噂が広まってしまったのです。社長は内密にして、ちはるは退社することになったのです。
田西はちはるから青山と別れたことを聞きます。彼女は田舎に帰るつもりなのです。しかも、青山の子供を妊娠していました。

【結】- ボーイズオンザランのあらすじ4

中絶するために、田西が同意書にサインをします。青山は中絶費用を出すだけで、会いにさえ来ませんでした。
しほから、こんな事されて黙っているつもりなのかと問いかけられます。田西は青山に連絡をします。
ブチ切れた田西は、ぶん殴ってやると宣言します。マンモスの会社に乗り込んでやると言うと、社長も応援してくれます。
いつも酒ばかり飲んでいる鈴木が、田西にボクシングを教えてくれます。それからはトレーニングの毎日です。
商品を補充に行っていると、マンモスの社員が声をかけてきます。マンモスの会社では、田西が殴り込みに来るか賭けているそうです。
1月31日のちはるが帰る日に、必ず乗り込むと宣言してやります。気合を入れるために、田西はモヒカンカットにします。
マンモスに乗り込むと、緊張してトイレで吐いてしまいます。そこに、ちはるとエッチをしたと話してる社員がいて、ブチ切れた田西はぶん殴ってやります。
青山に喧嘩を売った後、マンモスの会社自体にも喧嘩を売ります。マンモスの部長から喧嘩を了承してもらって、公園で田西と青山の喧嘩が始まります。
田西は一発も当てれなく、小便だけ当てることに成功します。ボコボコにされて、ちはるを送りに行きます。
ちはるに自分の思いを全てぶつけると、彼女は田西と居たい様子になります。しかし、田西は電車の中に彼女を押して入れます。
田西が猛ダッシュで走り出してエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、30歳前の男性の熱い青春を描いています。最後に電車にちはるを押し入れて、人生に向かって走り出す姿は印象的です。
漫画、テレビドラマ、そして映画化もされた今作です。主演の銀杏BOYZの峯田和伸のカラオケが見れるのも魅力の作品です。
熱いスピーチや演技が彼の魅力を更に引き立てていて、映画そのものを熱くしています。見続けると火傷してしまうかもしれませんが、夢中になって気にならなくなると思います。
峯田和伸の熱い演技とは対照的に、松田龍平の演技が役柄的にも冷たく冷めた印象です。その対照的な二人の青年が、ぶつかり合う姿が見る側の人々の脳裏をスパークさせていきます。
熱い青春の映画が見たいときには今作をお勧めします。見終わった後に、無性に走りたくなる映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ボーイズオンザラン」の商品はこちら