映画:ポルノチック夕闇ダリア

「ポルノチック夕闇ダリア」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

《ポルノチック》 夕闇ダリアの紹介:2011年に製作された日本映画で、ポルノチックシリーズの一作。池田千尋がメガホンをとり、吉井怜や柄本佑らが出演した恋愛ドラマ。交際相手の恋人の幻影を見始めた女性の姿を描いている。

あらすじ動画

ポルノチック夕闇ダリアの主な出演者

かなえ(吉井怜)、大谷(柄本佑)、由起子(桃生亜希子)

ポルノチック夕闇ダリアのネタバレあらすじ

【起】- ポルノチック夕闇ダリアのあらすじ1

花屋の店主のかなえは、同じ職場の大谷に車を運転してもらって出かけます。大谷は車内で、恋人の由紀子が好きなユリが欲しいと頼みます。
かなえは大谷に触れようとしますが、止めてしまいます。店に到着して、かなえは大谷にユリを渡します。そして由紀子のポスターを見て綺麗だと言うのでした。
帰宅したかなえが1人で食事をしていると、大谷から電話がかかってきて、今から行っても良いかと聞かれます。由紀子は明日の準備がありました。そのため、大谷は行っても良いのだと言います。
かなえはベッドで大谷に愛され、なんで自分とするのか問いかけます。好きだからと話す大谷に対して、かなえは彼女がいるのにと返します。
激しく愛され始めて、かなえはユリの匂いがすると止めに入ります。大谷は分かんないと言って、かなえを愛し続けるのでした。
翌朝、具合が悪いと由紀子から連絡があり、大谷は急いで服を来ます。由起子の体が弱いと聞いて、かなえは救急車でも呼んだらと話します。大谷は今日の仕事を休ませてもらいます。

【承】- ポルノチック夕闇ダリアのあらすじ2

かなえは、男性客から結婚記念日の花の宅配を頼まれます。大谷がいないため、車に乗ったかなえは、自分に大丈夫と言い聞かせますが、息づかいが荒くなって車外に出ます。
車で届けるのを止めたかなえでしたが、タクシーが中々つかまりませんでした。疲れて帰ったかなえの前に、由起子の幻影が現れます。家の中に通して、コーヒーを出しますが、由起子の幻影は消えてしまいます。
翌日、かなえは自分たちの関係を由起子が知っていると、大谷に話します。大谷は彼女が何も言わないし、中々会ってくれないと言い返し、その話しを止めようとムキになります。
その日の仕事終わりに、かなえは大谷に晩御飯を誘いますが、断られてしまいます。
大谷は由起子とマスコミの前にいました。かなえはその姿を離れた場所から見ます。
帰宅したかなえは、家の前にいる由起子の幻影に会います。目が覚めると、ベッドの横にも由起子の幻影が現れます。
かなえは酔っ払いながら、もう大谷に会わないことにすると伝えます。大谷は自分がいなくなったら、店困るでしょと話します。
携帯から連絡があり、由起子が大谷を迎えに来ていました。かなえは窓から、2人が話している様子を見ます。すると隣りに、由起子の幻影が立っていました。

【転】- ポルノチック夕闇ダリアのあらすじ3

翌日、由起子の幻影は車内にもいました。大谷には彼女の姿が見えていませんでした。
かなえは自分の家で大谷といちゃつきます。すると由起子の幻影も笑って、一緒に抱きついてきます。
別の日の夜、帰宅したかなえは、大谷と一緒にいるのに、なぜ家に来るのか由起子の幻影に問いかけます。独り身のかなえは、全てを持っている由起子の幻影にずるいと話しかけます。
道を歩いていたかなえは、由起子の幻影が後を追いかけてきて、つい楽しくなって走ります。
仕事中、かなえはダリアが綺麗という客を見た後、大谷にダリアをどう思うか聞きます。大谷は元気がないと答えます。
そうじゃなくてと言うかなえは大谷の頬にキスをします。かなえから初めてのキスをされて、大谷は嬉しくなります。
部屋にいたかなえは、ダリアを見ながらあんな奴やめなよ、と由起子に話しかけます。

【結】- ポルノチック夕闇ダリアのあらすじ4

大谷が上手く車でバッグできなくて、かなえは無理して代わりに運転します。急ブレーキを踏んで、かなえは泣きそうになります。
かなえは大谷がいなければ、駄目な人間になる自分が怖かったのです。1人でも大丈夫にならなければと、かなえは頑張ろうとしていました。
大丈夫だよと言われて怒るかなえに、大谷は何て言えば満足なのか聞きます。かなえは、大谷が由起子と別れないと言って苦しみます。
かなえは大谷と愛し合って、自分が1番良いかどうか聞きます。大谷から良いと言われますが、かなえはこんなのに意味がない、帰ってと言うのでした。
少しして、かなえは由起子に会いたいと電話します。由起子は会ってどうするのと困った様子でした。それはまたかなえも同じで、それ以外、どうしたら良いのか分かりませんでした。
かなえと由起子はカフェで会います。由起子はかなえのことを知りたくもないし、いなくなって欲しいと思っていると言います。また、年下の男と別れられなくて、自分のことを情けないと思っているでしょと問いかけます。
かなえは由起子と同じだと言いますが、否定されてしまいます。由起子は大谷とは別れないからと言うのでした。
1人、車に乗ったかなえは出発してブレーキをかけます。助手席には由起子の幻影がいました。笑った後、かなえは再び出発するのでした。

関連する映画

ヒューマンドラマ

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、主演の吉井玲がファンの方には嬉しい内容となっています。彼女のシュッとした綺麗な顔立ち、そしてセクシーシーンがあり、男性には嬉しい映画です。
今作品では幻影の存在が何なのかなど、かなえの心の中を描いているような映画で、難しい印象となっています。
何となく雰囲気で感じ取っていくと、理解できる映画なのかもしれません。女性ならば共感しやすく、男性にはちょっと難しいかもしれません。
時間が70分ほどで長くなく、サクっと見たい時にお勧めです。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ポルノチック夕闇ダリア」の商品はこちら