映画:マイカントリーマイホーム

「マイカントリーマイホーム」のネタバレあらすじと結末

マイ・カントリー マイ・ホームの紹介:2018年の日本・ミャンマー合作によるヒューマンドラマ。日本で夢を追うミャンマー人女子高生の姿を通じて、ミャンマーの悲劇的な歴史と家族愛を描いていく。

あらすじ動画

マイカントリーマイホームの主な出演者

ナン(ウィ・モン・シュエー・イー)、トゥラ(アウン・イェ・リン)、サイ(ヤン・アウン)、木村アウン(森崎ウィン)

マイカントリーマイホームのネタバレあらすじ

【起】- マイカントリーマイホームのあらすじ1

舞台は東京。日本で生まれ育ったミャンマー人の女子高生ナンはパティシエの夢を目指し、日々ケーキ屋でのバイトに精を出していました。パティシエの専門学校に行くには相当の学費が必要でしたが、ミャンマー料理店を営むナンの父親サイは娘の夢を応援しようとはしませんでした。母はすでに他界しており、夢を応援してくれる家族がいないことにナンは落ち込んでいました。

そんなある日、サイはトゥラというミャンマー人青年を店で雇い始めました。なかなか日本の生真面目な働き方になじめず苦しんでいたトゥラを見かねて、サイは助け船を出そうと決めたのです。ところが、ナンは突然よくわからない男を雇うことに反発。しかし、困っている人を助けたいというサイの言葉にナンは反論できず、父親に対して苛立ちを募らせていきました。

それから間もなく、サイは55歳の誕生日を迎えました。不仲の状態は続いていましたが、そんな中でもナンはサイのために誕生日ケーキを焼きました。作ったのは、抹茶味のクリームケーキ。ナンは抹茶のお菓子作りをライフワークにしたいと考えていました。ところが、ケーキを渡そうとしたとき、ナンはサイと従業員のトゥラとミユキの会話から自分が無国籍であることを知ってしまいます。そして、サイがいつかナンとともに故国へ帰ろうと考えていることも判明、ナンは大きなショックを受けました。

【承】- マイカントリーマイホームのあらすじ2

サイが日本に移住した理由は、30年前のミャンマー国内の混乱にありました。当時民主化運動に参加していたサイと妻は国を離れざるをえなくなったといいます。その後、夫婦はナンという子宝を授かり、日本での料理店経営も順調に進んでいきましたが、夫婦はミャンマーのことを忘れられずにいました。衝撃の事実にナンは落ち込んでしまいますが、そんなナンを励ましたのはトゥラでした。その後、サイと二人で話す時間を持ち、父親の故郷への思いを知るナン。しかし、日本でパティシエになる夢を諦めることなどナンには考えられず、結局父娘の和解は実現しませんでした。

その後、サイの店に木村アウンというアイドルが来店しました。アウンは日本とミャンマーで活躍するミャンマー人歌手で、ナンは憧れのアイドルの来店に大興奮します。サイはアウンのために鎌倉観光を企画、ナンはアウンとの旅に大はしゃぎしますが、そんな中アウンが語った言葉にナンは驚きを覚えました。日本で長く活躍するアウンもまた日本国籍を持っておらず、心は常にミャンマーにあると語ったのです。しかし、アウンは日本への感謝の心も忘れていないとも語り、ナンはその言葉に心が揺れ動き始めました。一方、ひそかにナンに思いを寄せていたトゥラは、そんな二人の姿を複雑な表情で眺めていました。

【転】- マイカントリーマイホームのあらすじ3

その数日後、ナンはアウンとデートすることに。その場でミャンマーと日本の間で板挟みになっている今の状況をアウンに打ち明けるナン。ミャンマー人として日本で夢を叶えることを想像できずにいるナンに、アウンは「人種に関係なく、夢は頑張らないと実現できない」と微笑みながらアドバイスしました。

その夜、ナンはミャンマーを知りたい気持ちが強くなり、夏休みを利用して親戚を訪ねることを決めます。娘の決断にサイは喜びますが、民主化活動で重要な問題があり、今回の旅に同行することができなくなってしまいます。そこで、サイの代わりにトゥラが案内役を務めることになりました。

初めてのミャンマー旅行に戸惑うナンをトゥラは優しくエスコートしました。ヤンゴンに着き、初めて母の実家を訪ねたナンは、そこで食べたモヒンガーがサイの味とまったく同じであることに気づきました。ナンは父が母をいかに愛していたのかを実感しました。

その後、ナンは父親の実家へ。そこには、サイたちの寄付金で運営される寺院がありました。そして、ナンを驚かせたのは、父親の故郷が茶葉の一大産地であることでした。茶畑を歩きながら、ナンが抹茶菓子作りの夢を語ると、トゥラは優しげな表情でその言葉に聞き入っていました。旅を通じて、二人の間の距離は近くなり、ナンはトゥラを意識するようになっていました。

【結】- マイカントリーマイホームのあらすじ4

そして、父親の実家を発つ日が来ると、ナンはサイたちが帰国したときのために用意した部屋があることを知りました。サイが幼い頃からナンにミャンマー語を教えていた真意が、いつか故郷に戻り、自分と同じように故郷を愛して欲しいという思いがあったことを知るナン。そして、いつまでもサイたちを待ち続けると語る親戚たちの愛に、ナンは心を打たれるのでした。

その後、ナンとトゥラは帰国の前日にアウンのコンサートに行きました。愛する故郷をテーマにした歌を歌うアウンにうっとりし、コンサート後にはアウンと親しげに話すナンを見て、トゥラはその場を去ってしまいます。すぐに追いかけてきたナンに、トゥラは自分がナンに思いを寄せていることを明かしました。ナンは真面目な顔を崩さないトゥラに笑いかけると、トゥラの耳元に顔を近づけ日本語で「愛してる」と口にしました。二人は笑顔で見つめ合い、手を握り合いました。

帰国当日、ナンは民主化活動の激戦地だった場所を訪れました。そこで突然靴を脱ぎ、素足になるナン。ミャンマーでは聖なる場所に入る際は素足になる文化があり、ナンは両親が闘ったこの場所を聖なる場所と同じくらい大切な場所と考えたのです。そして、ナンはサイにビデオ通話をかけました。ヤンゴンの街を背景に笑顔で話す娘を見て、サイは目に涙を浮かべていました。ナンはミャンマー国籍を取り、日本の学校に通うことをサイに報告。そして、ミャンマーの親戚がナン手作りの抹茶菓子を気に入ってくれたことに触れ、ミャンマーでも夢が叶えられると自信も深めたこともサイに明かしました。「私にミャンマー人としての生をくれてありがとうございます」…ミャンマー語でそう話すナンに、サイは微笑みながら親指を立てるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

主人公を演じたウィ・モン・シュエー・イーは透明感のある美しさがあり、二つの故郷の間で葛藤する感情がよく伝わる演技を披露してくれています。また、主人公を見守るミャンマー人は皆芯のあるキャラクターを好演しており、特に父親役のヤン・アウンのラストに見せた表情は涙を誘う名演技でした。ミャンマーの美しい自然風景にも注目です。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください