映画:マイバックページ

「マイバックページ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

マイ・バック・ページの紹介:2011年公開の日本映画。川本三郎による同名ノンフィクション小説を基に、1960年代後半という激動の時代に出会った2人の青年が理想と現実の狭間で揺れ動く姿を描く。タイトルはボブ・ディランの曲名から。

あらすじ動画

マイバックページの主な出演者

沢田雅巳(妻夫木聡)、梅山〔片桐優〕(松山ケンイチ)、倉田眞子(忽那汐里)、安宅重子(石橋杏奈)、赤井七恵(韓英恵)、柴山洋(中村蒼)、飯島(あがた森魚)、徳山健三(山崎一)、清原(山本剛史)、佐伯仁(山本浩司)、中平武弘(古舘寛治)

マイバックページのネタバレあらすじ

【起】– マイバックページのあらすじ1

1969年。日本では学生運動が全盛期で、東大安田講堂事件が起きた年でした。

(学生運動…矛盾や差別のある社会を変えようと考えた一部の学生が、政府や警察など国家権力を相手に抗議運動を起こした現象のこと)

同年、東都に就職した沢田は学生運動に燃える若者を見て奮い立ちますが、希望した東都ジャーナルには配属されず、週刊東都で「1日500円の放浪の旅」というコラムを担当しました。

沢田は露店でうさぎを売るテキ屋のタモツと仲良くなりますが、よかれと思ってうさぎを車外に出して殺してしまいます。当時の週刊東都の目玉はアポロ11号月面着陸でした。

2年後、沢田は先輩記者・中平と共に梅山と名乗る青年と接触します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マイバックページ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ