「マグノリア」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

【承】– マグノリアのあらすじ2

マグノリアのシーン2

画像引用元:YouTube / マグノリアトレーラー映像

クローディアは父の訪問を嫌いました。ジミーは、自分が骨がんでもうすぐ死ぬと告白しますが、クローディアは「出ていけ」と連呼して聞き入れませんでした。ジミーは退散します。

クイズ番組『子供は何を知ってるの?』で初代優勝者となり、天才少年といわれた有名人ドニー・スミスは、現在は中年になっていました。雷に打たれたことが関係しているのか、いまは平凡な男性です。ソロモン電器店で働いています。

出勤時にコンビニに車を突っ込み、何度も遅刻しているドニーは、店主のソロモン社長にクビを言い渡されました。ドニーは、自分の名前で話題性を与えただろうと言いますが、社長は限界だと答えます。近々歯の矯正手術をするからいま辞めるのは嫌だとドニーは社長に食い下がりますが、社長は聞き入れませんでした。

天才少年といえば、現在まさしくクイズ番組で天才少年の名をほしいままにしているのが、スタンリー・スペクターです。生放送の長寿クイズ番組『子供は何を知ってるの?』でリチャード、ジュリアといっしょに子ども3人でタッグを組み、8週連続勝ち続けています。あと2週頑張れば記録達成です。スタンリーは図書館で勉強に励んでいました。

実はクイズ番組に夢中となっているのは、スタンリーではなく父親のほうでした。自分の息子が記録を打ち立てるようにと父は躍起になっており、スタンリーは父に合わせているだけです。

父が図書館に車で迎えに来ると、テレビ局へ連れていきます。父は控室でも誇らしげにしていました。

そのクイズ番組『子供は何を知ってるの?』の司会者が、ジミー・ゲイターです。末期がんで脳と肺にも転移しており、余命2箇月と言われていました。しかしそれを明らかにせず、病気を隠して番組の司会者を続けています。

アールが眠ったので、看護師のフィルは別室で休憩していました。テレビでフランク・マッキーのCMが流れたので、フィルは屋敷へ配達を頼む際にプレイボーイの雑誌を頼みました。そこに載っている啓発本の問い合わせ事務所に電話をかけて、フィルはフランクと連絡を取ろうとします。電話に出た相手にフランクの父親のことを話すと、電話をかなり待たされますが信じてもらえました。最終的にフランクのマネージャーのジャネットに繋いでもらえます。

ドニーは退社してバーへ行きました。バーテンダーの青年・ブラッドは、歯に矯正器具が光っています。ドニーはブラッドに恋をしており、そのために歯科医院で歯列矯正具をはめて、おそろいにしようと思い立ったのでした。店で注文したドニーは、ブラッドを熱く見つめます。

クローディアは父親を追い返したあと、クスリを吸って気持ちを盛り立てようとしました。大音量で音楽をかけたので近隣から苦情が入り、警官のジムがアパートを訪問します。

警官の訪問を知り、クローディアはあわててクスリを隠しました。ジムはクローディアにひとめぼれをしました。クローディアに音楽の音量を下げるように指示をしたあと、近所から争う声が聞こえたと問い合わせます。それは父親を追い払ったクローディアの声ですが、クローディアは詳しく話したくない気分でした。ジムは「恋人?」と繰り返し質問し、クローディアは「違うわ。もう帰ったわ」と答えます。ジムは上がって確認してもよいかと聞き、クローディアは部屋にあげました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マグノリア」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×