映画:マダム・イン・ニューヨーク

「マダム・イン・ニューヨーク」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

マダム・イン・ニューヨークの紹介:家族の中で唯一英語が喋れないことをコンプレックスに感じるインド人の主婦シャシが、こっそり英会話教室に通い奮闘する姿を描く作品。1970年代に一世を風靡したインドの伝説的女優、シュリデヴィの15年ぶりのスクリーン復帰作品。

マダム・イン・ニューヨークの主な出演者

シャシ(シュリデヴィ)、アディル・フセイン(サティシュ)、メーディ・ネブー(ローラン

マダム・イン・ニューヨークのネタバレあらすじ

【起】– マダム・イン・ニューヨークのあらすじ1

主人公はインド人の主婦シャシ。美しく心優しいシャシは、家族や近所の人に愛される良妻賢母です。

しかし、得意のお菓子「ラドゥ」作り以外では認めらてもらえないばかりか、家族の中で唯一自分だけ英語が話せないことをビジネスマンの夫や、娘にまで馬鹿にされる始末です。

そんなある日、ニューヨークに住む姉のマヌから、娘ミーラの結婚式の準備の手伝いに来てほしいと頼まれます。夫の勧めもあり、シャシは家族より一足先にニューヨークに旅立ちます。

しかし、英語が話せないシャシは街に出てもコーヒーの注文もできず、店員にも冷たくあしらわれ、すっかり落ち込んでしまいます。そのとき、「4週間で英語が話せる」という看板を目にしたシャシは、ラドゥを売って貯めたお金で、こっそり英会話教室に通うことを決意します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マダム・イン・ニューヨーク」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×