映画:マリー・アントワネット

「マリー・アントワネット」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

マリー・アントワネットの紹介:女性映画監督として有名な、あのソフィア・コッポラが描く悲劇の王妃、マリー・アントワネットの伝記映画。ただし、歴史事実よりもマリー・アントワネットを1人の女性として描くことに重点を置いた映画となっている。劇中のファッションも注目ポイント。

あらすじ動画

マリー・アントワネットの主な出演者

マリー・アントワネット(キルスティン・ダンスト)、ルイ16世(ジェイソン・シュワルツマン)、ノアイユ伯爵夫人(ジュディ・デイヴィス)、デュ・バリー夫人(アーシア・アルジェント)、ポリニャック伯爵夫人(ローズ・バーン)、フェルセン伯爵(ジェイミー・ドーナン)

マリー・アントワネットのネタバレあらすじ

【起】– マリー・アントワネットのあらすじ1

主人公オーストリア皇女のマリー・アントワネットは、わずか14歳で隣国のフランスへたった一人で嫁がされることになります。

これはオーストリアとフランスの同盟強化としての政治的なおもわくによるものでした。

フランスにはいると、フランスの服を着て、フランスのしきたりに染まることを強要されますそして翌年ルイ16世と結婚します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「マリー・アントワネット」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×