映画:ミケランジェロ・プロジェクト

「ミケランジェロ・プロジェクト」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

ミケランジェロ・プロジェクトの紹介:第二次世界大戦中に、美術品を保護するために結成された特殊チームの活躍を描いた映画。実話が元になっており、ジョージ・クルーニー、マット・デイモンなどの豪華なキャストで話題になった

ミケランジェロ・プロジェクトの主な出演者

ストークス(ジョージ・クルーニー)、グレンジャー(マット・デイモン)、クレール(ケイト・ブランシェット)、ジェフリーズ(ヒュー・ボネヴィル)、ジャン・クロード(ジャン・デュジャルダン)、ガーフィールド(ジョン・グッドマン)、キャンベル(ビル・マーレイ)、サヴィッツ(ボブ・バラバン)

ミケランジェロ・プロジェクトのネタバレあらすじ

【起】– ミケランジェロ・プロジェクトのあらすじ1

第二次世界大戦さなかの1943年、ヨーロッパ各国に侵攻したナチス・ドイツ軍は大量の美術品を次々に略奪していた。

その中には『ヘントの祭壇画』やミケランジェロ作の『聖母子像』といった一級品も数多く含まれていた。

ヒトラーは、世界の至宝を自分一人の手に収めようと目論んでいたのだそんな状況に危機感を抱いたアメリカの美術史家ストークスは、大統領に行動を起こすよう促すが、なかなか聞き入れられない。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ミケランジェロ・プロジェクト」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×