映画:メルキアデスエストラーダの3度の埋葬

「メルキアデスエストラーダの3度の埋葬」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ヒューマンドラマ

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬の紹介:メキシコ国境沿いのテキサスで、メキシコ人の友人を殺された武骨なカウボーイが、その犯人の若者を誘拐し、共に彼の故郷ヒメネスを目指すという2005年公開のアメリカのロードムービー。「JFK」「逃亡者」などで知られるトミー・リー・ジョーンズの劇場公開作初監督作品であり、製作及び主演をつとめている。脚本は「バベル」「21グラム」のギジェルモ・アリアガ、音楽は「ハート・ロッカー」「ヘルボーイ」のマルコ・ベルトラミ。2005年カンヌ国際映画祭では約15分間のスタンディング・オベーションの後、最優秀男優賞をトミー・リー・ジョーンズ、最優秀脚本賞をギジェルモ・アリアガが獲得した。

あらすじ動画

メルキアデスエストラーダの3度の埋葬の主な出演者

ピート・パーキンス(トミー・リー・ジョーンズ)、マイク・ノートン(バリー・ペッパー)、メルキアデス・エストラーダ(フリオ・セサール・セディージョ)、警官ベルモント(ドワイト・ヨアカム)、マイクの妻ルー・アン(ジャニュアリー・ジョーンズ)、レイチェル(メリッサ・レオ)、マリアナ(バネッサ・バウチェ)、盲目の老人(レヴォン・ヘルム)、警備隊長ゴメス(メルキアデス・ロドリゲス)など。

メルキアデスエストラーダの3度の埋葬のネタバレあらすじ

【起】– メルキアデスエストラーダの3度の埋葬のあらすじ1

アメリカ、メキシコ国境に近いテキサス。

国境近くを走っていた2人の男がコヨーテを発見し射殺しますが、食っていたのは埋められたメルキアデス・エストラーダの死体でした。彼は麻薬売買にも無関係な男だと同僚のカウボーイ、ピート・パーキンスが証言します。

「メルキアデス・エストラーダの最初の埋葬」

シンシナティから来た国境警備隊員マイク・ノートンと妻のルー・アンは、家具付きのトレーラーハウスを借りますが、彼女は退屈だとこぼし、隣人で犬を飼っている中年女を見て近所づきあいはしたくないと言います。

早速勤務に就いた彼は不法入国のメキシコ人グループの逮捕に行きますが、丸腰で逃げる父親に飛びかかり娘を殴って鼻を折るケガを負わせ、警備隊長のゴメスにやり過ぎだと注意されます。

警官のベルモントは、検死官からメルキアデスの遺体は死後7日ほど経っており、使用された銃はAR-15、弾丸は223、270mの距離から撃たれたと言われますが、保冷庫は故障し明朝から出張だと言われ、彼に知らせるべき家族は無く今すぐ埋葬してくれと頼みます。

メルキアデス・エストラーダは、メキシコのコアウイラから馬に乗り、仕事を求めてやってきた武骨で真面目なカウボーイでした。ピートは彼と気が合い良き相棒として仕事をした仲でした。

ピートはベルモントからメルキアデスの遺品となった家族写真を預かりますが、彼の家はメキシコで、解剖が終わったら遺体を俺にくれと言い出します。

メルキアデスが殺されてから2日間家にこもっていたピートを心配したカウボーイ仲間は、遺体から270m離れたメルキアデスのヤギがいたあたりに落ちていたと言う223の薬莢を何かの役の立つかもしれないと渡します。

ピートは、モーテルのレストラン”サンズ”にいたベルモントに223の薬莢を見せますが、彼はサンズの店主ボブの妻でウェイトレスのレイチェルとデキていて彼の話を面倒がり、そんな一般的な薬莢など証拠にはならんと無視されたため、彼はサンズに来る国境警備隊員の銃を聞き、みなAR-15の223を使っていると確認します。

一方、いつも不機嫌で身体を求めるだけのマイクに嫌気がさしたルー・アンは、暇つぶしにサンズに通いレイチェルと打ち解けていきます。

ある日、いつものように持ち場に就いたマイクは、退屈しのぎに草むらでポルノをオカズに楽しもうとしていたところ銃声を聞き、慌てて音のする方に銃を発射します。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「メルキアデスエストラーダの3度の埋葬」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×