映画:ライフ・イズ・ビューティフル

「ライフ・イズ・ビューティフル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

ヒューマンドラマ

ライフ・イズ・ビューティフルの紹介:1997年制作のイタリア映画。第二次世界大戦下のユダヤ人迫害(ホロコースト)を、ユダヤ系イタリア人の親子の視点から描いた作品。父が、幼い息子を生きながらえさせるためにとった意外な作戦とは?

あらすじ動画

ライフ・イズ・ビューティフルの主な出演者

グイド・オレフィチェ(ロベルト・ベニーニ)、ドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)、ジョズエ・オレフィチェ(ジョルジョ・カンタリーニ)、エリゼオ・オレフィチェ(ジュスティーノ・ドゥラーノ)、レッシング医師(ホルスト・ブッフホルツ)、ナレーター(オメロ・アントヌッティ)

ライフ・イズ・ビューティフルのネタバレあらすじ

【起】– ライフ・イズ・ビューティフルのあらすじ1

1937年、イタリア、トスカーナ地方のアレッツォという町で、ユダヤ系イタリア人の青年・グイドは、美しい小学校教諭の女性・ドーラに出会い、ひとめぼれをします。

ドーラにはすでに婚約者がいました。しかしあきらめきれないグイドはドーラに熱烈なアタックをします。

ホテルでおこなわれたドーラの婚約パーティで、グイドはドーラを奪い去って、駆け落ち同然で2人は結婚しました。

グイドとドーラの間に、まもなく息子・ジョズエが生まれます。幸福な生活でした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

  • cometichiamiさんの感想

    本作は何度も映画館に足を運んだ作品です。この作品を知るまで、イタリア人というのはどんな時でも底抜けに明るくて、人生を謳歌している人々だと思っており、もちろん本作の登場人物もその通りなのですが、ここまで真面目に真剣に(とても失礼な言い方ですが)、戦争を題材に描くことができるのだなぁと思いました。イタリアという国に興味を持ち、実際にスタジオまで行ってみたことも思い出です。

  • ペネロピさんの感想

    ホロコーストを、笑いを交えて描くことでより涙を誘う秀作です。ロベルト・ベニーニが監督と脚本と主演です。世界中でたくさんの賞に輝いた映画です。アカデミー賞授賞式の様子も忘れられません。ホロコーストの映画は数多くありますが、幼い我が子を怖がらせないようにゲームに例えるなんて。子どもは無邪気にゲームに勝って、希望をなくすことなく生きて帰ります。父はあともう少しで解放というところで命を落とします。
    笑ってしまった分残酷さが沁みます。猛烈アタックした女性は奥さまなんですね。

映画の感想を投稿する

映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の商品はこちら

IMAGE

ライフ・イズ・ビューティフル [Blu-ray]

Blu-ray > 外国のドラマ映画
ワーナー・ホーム・ビデオ
ロベルト・ベニーニ(出演),ニコレッタ・ブラスキ(出演),ジョルジオ・カンタリーニ(出演),ジュスティーノ・デュラー…

¥12,400
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20