「ラスト・シャンハイ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

2012年公開の中国香港合作映画。監督はバリー・ウォン。主演に『グリーン・デステニィー』や『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド』などのチョウ・ユンファ。 1900年代の上海。京劇見習いの隣人のジーチウを見守っているチェン・ダーチー。ある日、不義を巡る事件に巻き込まれ、マオ将軍に人を殺すことを強要されてしまい、その日を境に一気に裏社会へと落ちていく。持ち前の頭の良さと運で上り詰めていくチェン・ダーチーだが、日本軍による侵攻に翻弄される中、時代の波にのみこまれていく。

あらすじ動画

ラスト・シャンハイの主な出演者

チェン・ダーチー(チョウ・ユンファ)、ホン・ショウティン(サモ・ハン・キンポー)、イエ・ジーチウ(ユアン・チュアン)、マオ将軍(フランシス・ン)、ホン夫人(ユアン・リー)、西野少将(倉田保昭)、リン・ホァイ(ガオ・フー)、アーバオ(モニカ・モー)、シャオパン(シン・バイチン)、チェン(ホー・ガオ)

ラスト・シャンハイのネタバレあらすじ

【起】– ラスト・シャンハイのあらすじ1

ラスト・シャンハイのシーン1

画像引用元:YouTube / ラスト・シャンハイトレーラー映像

1913年チェン・ダーチーは道場のようなところを盗み見ている。中ではジーチウが華麗に京劇を舞っている。以前見た女形よりもすごい、一流になるぞと見守っているが、彼女の父親が現れ余計なことをするなと叱責している。

洋梨を剥いてジーチウに与えながら足をきれいにしているチェン。

自分は上海で成功し、ジーチウは北京で演劇を極めて成功したいとお互いに夢を語り合う。

ある日チェンは不義を疑われた隊長に巻き込まれ、身代わりに殺されそうになるが、そこで強制的に人を殺すように言われ人を殺してしまう。その事件の最中にジーちうは北京に行ってしまう。

1913年。上海に出てきて目をキラキラとさせているチェン。

1937年。成功を収めているチェン。ホンの還暦の祝いの席でホン隊長に再会し、国民党のために書類を手に入れろと脅しをかける。

エレベーターに乗ったチェン。そこで偶然にもジーチウと出会う。嬉しそうに旧友と会ったと話すチェン。

ジーチウは洗面所に籠り、チェンとの再会を思い出し過去を思い出している。旦那からはあれは上海のマフィアだと釘を刺されている。

1914年。マフィア同士の抗争で頭角を表すチェン。大物ホンの目に留まることができる。ホンと夫人に絶大な信頼を得てどんどんと勢力を拡大し、更に薬や博打を禁止し弱きを助けるなど信頼を得ていく。ホンは大事な交渉の場にはチェンを同席し、決断を任せている。

現在。ジーチウが街を歩いているとたくさんの男に絡まれ誘拐されそうになる。チェンはジーチウに見張をつけており、見張の男がジーチウを助け、ボスより気をつけるように言付かっていると残しそのばを去る。

ジーチウの夫がやってきてその場からジーチウを連れて逃げる。

チェンの元へはジーチウを誘拐しようとしたのは日本人のようだと報告が入る。

京劇を観覧している西野少将に声を掛けるチェン。上海を攻めてきている日本軍の責任者である西野少将に対し、脅しをかけるチェン。西野少将もチェンを脅すが、この場には軍はおらず3人だけだと逆に脅される。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラスト・シャンハイ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×