映画:ラッキー

「ラッキー」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ラッキーの紹介:「パリ、テキサス」などで知られる名優ハリー・ディーン・スタントンの最後の主演作。監督は数々の作品に出演する名脇役のジョン・キャロル・リンチ。スタントンの盟友であるデヴィッド・リンチ監督が、主人公ラッキーの友人として登場している。日本公開は2018年。

あらすじ動画

ラッキーの主な出演者

ラッキー(ハリー・ディーン・スタントン)、ハワード(デヴィッド・リンチ)、ボビー・ローレンス(ロン・リビングストン)、フレッド(トム・スケリット)、エレイン(べス・グラント)、ポーリー(ジェイムズ・ダレン)、ジョー(バリー・シャバカ・ヘンリー)

ラッキーのネタバレあらすじ

【起】– ラッキーのあらすじ1

舞台はアリゾナ州砂漠地帯にある田舎町。

90歳を迎える老人ラッキーは、アパートで一人暮らしをしています。彼には元々妻も子どももいません。

今日も朝目を覚まし、まず歯を磨いて顔を洗い、脇を拭いて髪を整えます。そしてコップ一杯のミルクを飲み、コーヒーを沸かします。それからラッキーは下着姿のままヨガを5ポーズこなして、着替えてテンガロンハットをかぶって出かけます。

ラッキーが向かった先は、行きつけのダイナーです。

店に入るなりオーナーのジョーと「You’re nothing!」と挨拶をかわします。

ラッキーはカウンター席に座り、ウェイトレスのロレッタが用意してくれるミルクと砂糖たっぷりのコーヒーを飲みながら、クロスワードパズルをします。

ラッキーはジョーや店の常連客と他愛ない話をして、店を後にします。

帰り道、修理工場の隣にある「イブの楽園」という建物の前を通りかかったラッキーは、「Cunts!」と叫びます。

これも彼の日課です。

それからラッキーは、メキシコ系のビビが営むコンビニに立ち寄ります。

ラッキーはここでいつも牛乳やタバコを買っています。

ビビには10歳になるフォアンという息子がいました。ラッキーは土曜日に開催される彼の誕生日パーティーに誘われますが、返事を保留にします。

ラッキーは家に帰ると、テレビのクイズ番組を観ながら、またクロスワードパズルを解きます。

ラッキーはわからない言葉が出てくると、友達に電話をかけて尋ねます。電話をつないだまま辞書を開いたり、番組の出演者を罵ったりします。

夜になると、行きつけのバー「エレインの店」に向かいます。

ラッキーはここでセロリを突き刺したブラッディ・マリーを飲むのを日課にしています。

バーに入ると、今日も女店主のエレインが男性客を虜にしていました。エレインは気が強い女性ですが、いつもラッキーのことを気遣っていました。

バーの常連客には、エレインと30年近く同居している恋人のポーリーがいます。彼はエレインと出会ったことで自分の人生が変わったという話を、頻繁に語り聞かせる人物です。

ラッキーは、昼間クイズ番組で知った「現実主義はモノ」という言葉を口にします。常連客がそれについて持論を展開し、ラッキーは「お前の現実と俺の現実は違う」と哲学めいたことを言います。

それから、ラッキーの友人ハワードがバーにやってきます。

ハワードは元気がなく、理由を尋ねてみると「ルーズベルト大統領」と名付けていた100歳のリクガメが逃げ出してしまったというのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラッキー」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×