「ラブストーリーズ エリナーの愛情」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

ヒューマンドラマ

心を病んでいたエリナーはハドソン川にかかる橋から身を投げた。 幸い腕の骨折だけで済んだが、完治すると長かった髪をバッサリと切り落とし大学教授の父親の勧めで聴講生として大学に通い始める。 自らを新しい世界に置き自分を変えようともがくエリナーだったが・・・。

あらすじ動画

ラブストーリーズ エリナーの愛情の主な出演者

ジェームズ・マカヴォイ:コナー・ラドロー ジェシカ・チャステイン:エリナー・リグビー ニーナ・アリアンダ:アレクシス ヴィオラ・デイヴィス:リリアン・フリードマン教授 ビル・ヘイダー:ステュアート キアラン・ハインズ:スペンサー・ラドロー イザベル・ユペール:メアリー・リグビー ウィリアム・ハート:ジュリアン・リグビー ジェス・ワイクスラー:ケイティ・リグビー ニッキ・M・ジェーム:シーア ジェレミー・シャモス:エバンジェリスト ワイヤット・ラルフ:フィリップ キャサリン・ウォーターストン:チャーリー マット・スカンロン:アルディ ライアン・エッゴールド:クラブの男 マスト・ペリンコヴィッチ:タクシー運転手 ダロン・P・スチュワート:橋を歩く男 ジュリー・サーダ:ナース スザンナ・グズマン:病院受付 サシャ・エデン:コーヒートラックバリスタ ラファエル・フェルドマン:救急救命士 マイケル・キング

ラブストーリーズ エリナーの愛情のネタバレあらすじ

【起】– ラブストーリーズ エリナーの愛情のあらすじ1

ラブストーリーズ エリナーの愛情のシーン1

画像引用元:YouTube / ラブストーリーズ エリナーの愛情トレーラー映像

心を病んでいたエリナー・リグビーはハドソン川にかかる橋の上で自転車を止め、身を投げようと金網をよじ登り始めた。

それを見た通行人が慌てて駆け寄り、彼女を止めようとしたが間に合わず、エリナーは身を投じた。

救助隊のボートに助けられはしたが腕を骨折するけがを負ったエリナーは、治療が終わると妹のケイティに迎えに来てもらい、両親が待つ実家に帰った。

エリナーは長かった髪をバッサリと切り、大学教授の父親ジュリアンの勧めで聴講生として大学に通うことにした。

その日、ジュリアンと一緒に大学へ向かっていたエリナーは、夫コナーが経営するレストランでシェフを務めているスチュアートに偶然出くわし、挨拶を交わした。

ジュリアンに勧められリリアン・フリードマン教授の講義の聴講を申し込み、エリナーは大学に通い始めた。

講義室で「自我とは認知する能力、その能力については主体に基づいている」と語るリリアンの講義を受けていたエリナーは、後ろの席の学生から廻って来たメモを貰った。

そのメモを見たエリナーが後を振り向くと、そこにコナーがいることに気付き、彼女は講義室を後にした。

執拗に追いかけるコナーを振り切ろうとするエリナーだったが、コナーが車に撥ねられてしまい慌てて駆け寄った。

ドライバーに知り合いかと尋ねられたエリナーは「私の夫です」と答える。

幸いコナーにけがは大したことはなかったが、救急車が来るまで二人は会話する。

やっと少し会話ができたコナーは到着した救急車に乗り込みながら、「また追いかけてもいいか?」と尋ねるがエリナーは無言だった。

そこにたまたまリリアンが通りかかり、エリナーの様子を見て心配する。彼女は元夫が事故に遭ったことを説明する」

リリアンはそんな彼女に「私にも同じような人がいる」と答え、エリナーを飲みに誘った。

翌朝、無邪気な甥っ子フィリップに起こされたエリナーは、壁に掛けた鏡に映る自分の顔を覗き込むと不機嫌に鏡をひっくり返した。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ラブストーリーズ エリナーの愛情」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×