映画:ララミーから来た男

「ララミーから来た男」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

ララミーから来た男の紹介:1955年にアメリカで製作された西部劇。トーマス・T・フリンによる連載小説を映画化した作品で、弟の敵を討つために執念を燃やす男の姿を描いていく。主演はジェームズ・スチュワートが務めた。

あらすじ動画

ララミーから来た男の主な出演者

ロックハート(ジェームズ・スチュアート)、ビック(アーサー・ケネディ)、バーバラ(キャシー・オドネル)、アレック(ドナルド・クリスプ)、デイブ(アレックス・ニコル)、ケイト(アリーン・マクマホン)

ララミーから来た男のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ララミーから来た男のあらすじ1

舞台は西部開拓時代のアメリカ。ロックハートという荷物配達人の男がニューメキシコ州を訪れることから、物語は始まります。ロックハートが遠く離れたワイオミング州ララミーからこの地に来たのには、理由がありました。つい最近、騎兵隊がこのあたりでアパッチ族の襲撃を受け全滅する事件がありましたが、死者の中にロックハートの弟も含まれていたのです。弟の命を奪ったのは、アパッチ族が持っていた連発銃でした。ロックハートはアパッチ族に連発銃を売った男に強い憎悪を抱き、それ以来、弟の敵を探す旅を続けていました。

ロックハートがニューメキシコ州のコロナドに着いたときのことでした。ロックハートはバーバラという美しい娘から町外れに塩湖があることを知らされ、荷物を下ろした後、空の荷馬車に塩を積もうと考えつきました。早速、塩を採りに行くロックハートでしたが、そこにこの辺りを仕切るバーブ牧場の男たちがやって来ました。よそ者を毛嫌いする牧場主の息子デイブは有無も言わさずロックハートを縛りつけ、荷馬車に火を放ちました。

デイブの世話係のビックが仲裁に入ったおかげでその場はなんとか収まりましたが、ロックハートは商売道具を失い、残されたのはロバだけとなってしまいました。そんな中、つい最近ロックハートに雇われたばかりのチャーリーは、連発銃の男探しを手伝いたいと申し出てきました。チャーリーはアパッチ族の血を引いており、独自の情報源を持っているといいます。ロックハートはチャーリーの意外な言葉に驚きながらも、協力を快く受け入れました。

その後、ロックハートはバーバラの元に行き、デイブから受けた所業を説明しました。すると、バーバラはデイブがいとこだと明かし、ロックハートを驚かせました。しかし、バーバラ自身もバーブ牧場から冷遇されており、実際バーバラは裕福な暮らしを送るデイブと違い、ごく普庶民的な暮らしを過ごしていました。

翌日、街でデイブと再会を果たしたロックハートは、昨日の借りを返そうとデイブに殴りかかりました。取っ組み合いの大乱闘をするロックハートとデイブでしたが、そこにデイブの父で牧場主のアレックが現れました。アレックは二人の喧嘩をやめさせ、ロックハートに賠償金を支払うことを約束し、その場を収めました。

そのすぐそばで、ロックハートたちの様子を愉快そうに眺めている老婆の姿がありました。彼女の名前はケイト、街の有力者でアレックと長年対立していた人物でした。この出来事以降、ケイトはロックハートをなにかと気にかけるようになっていきました。

それからすぐ、ロックハートは賠償金を受け取るためにアレックの自宅を訪れました。アレックは短気な息子と違って理解のある人物で、ロックハートと良好な関係を築きたいと考えていました。弟の敵探しを最重視するロックハートは、周辺に暮らすアパッチ族の情報をアレックに求めました。しかし、アレックは友人になりたいという言葉とは裏腹に、ロックハートを警戒し、情報を明かそうとはしませんでした。しかたなく賠償金だけもらって帰ろうとするロックハートでしたが、アレックが札を区別するのに手こずっているのを見て、アレックの視力が非常に悪いことに気づきました。

【承】- ララミーから来た男のあらすじ2

ロックハートが去った後、アレックはビックを厳しく叱りつけました。デイブが何度も揉め事を起こす原因が世話係のビックにあるとアレックは考え、クビという言葉までもちらつかせました。ビックは幼い頃からアレックのために懸命に働いてきた実績があり、いずれデイブと自分に牧場を継がせてくれると思い込んでいました。それだけに、アレックの心無い言葉はビックを傷つけました。ビックは次こそデイブの暴走を止めることを約束しましたが、努力したところでアレックの息子になりえないことを痛感するのでした。

その後、ロックハートはチャーリーと合流を果たしました。チャーリーの話によれば、近日中にアパッチ族が200丁の連発銃を仕入れる予定があるといいます。より詳細な内容を知るために、ロックハートはその後も情報集めを続けますが、そんな中、クリスという情報屋が現れました。クリスは情報を売りたいと近づいてきましたが、ロックハートはクリスの人柄を信頼できず、追い払ってしまいました。

それからすぐのことでした。ロックハートが街を歩いていると、突然クリスが襲いかかってきたのです。乱闘の末、ロックハートはクリスを退かせますが、なぜクリスが自分を襲うのか理解できずにいました。

その後、ロックハートが何事もなかったかのように街を散策していると、街中で何か儀式を行う先住民の姿を見つけました。その中にいたバーバラに話を聞くと、この儀式はバーバラとビックの結婚式だといいます。二人は長い間恋仲にあり、念願叶って結婚が実現したのです。バーバラに好意を抱いていたロックハートは少なからずショックを受けますが、その直後、突然保安官に捕らえられてしまいました。クリスが刺殺体で発見されたといい、ロックハートはその容疑をかけられたのです。

ロックハートが納得できないまま留置場で時間を過ごしていると、そこにアレックが現れ、この街から出ていけ、と口にしました。アレックはなぜロックハートを恐れるのか、理由を語り出しました。アレックは、ロックハートそっくりの男にデイブが殺される夢を何度も見ており、ロックハートを脅威に感じていたのです。しかし、ロックハートは弟の敵討ちを果たさないまま街を出るつもりはなく、アレックの願いを拒みました。その後、ケイトの尽力によりロックハートは釈放され、しばらくの間ケイトの牧場で働くこととなりました。

一方、ロックハートを街から追い出すことに失敗したアレックは、将来に対する不安で精神的に落ち込んでいました。アレックはビックを呼び出し、一年以内に視力が完全に失われることを伝えました。そして、アレックは自分に代わり未熟なデイブをサポートして欲しいとビックに頼みました。アレックはビックを息子と呼び、深い信頼を寄せていただけに厳しい態度を取っていたことを打ち明けると、ビックはアレックの言葉に感激し、「父さん」と呼び返しました。しかし、ドアの外ではデイブが二人の会話を盗み聞きし、父とビックの深い信頼関係に嫉妬の炎を燃やしていました。

【転】- ララミーから来た男のあらすじ3

それから間もなく、デイブがビックたち部下を連れて牧場の見回りに出たときのことでした。デイブはビックの助言を無視し、近くを通行していたロックハートを襲撃しようと一人向かって行ってしまいました。しかし、ガンマンとしての腕はロックハートの方が上で、デイブは反撃を受けて手を負傷してしまいます。デイブは部下にロックハートを取り押さえさせると、ロックハートの利き手に銃弾を撃ち込みました。痛みに耐えながらケイトの牧場に戻るロックハートの後ろ姿を見届けると、デイブは小高い山の上に一人で登りに行きました。

頂上に着くと、デイブは隠していた荷馬車から覆いを外し、近くの枯れ木を燃やし始めました。荷馬車の中身は連発銃200丁、狼煙を上げたのはアパッチ族に合図をするためでした。アパッチ族への連発銃売却には、デイブが関わっていたのです。すると、そこに異変に気づいたビックが現れました。ビックはアパッチ族との取引を主導する張本人でしたが、今回の200丁の銃売却については慎重に臨もうと考えていました。この銃がアパッチ族に渡れば、この辺りの人間が皆殺しになることは明らかだったからです。ビックはすぐに火を消そうと試みましたが、すかさずデイブは銃口を向け、ビックの動きを止めました。デイブはロックハートから受けた屈辱や父から深い愛を受けるビックへの嫉妬で、精神的に混乱していました。ビックは狂ってしまったデイブを止めるため、隙をついてデイブを撃ち殺しました。そして、火を止めると、デイブ殺しの罪をロックハートになすりつけることを考えつくのでした。

一方、牧場に戻ったロックハートはケイトとバーバラの介抱を受けていました。ケイトはロックハートの手に包帯を巻きながら、昔話を始めました。ケイトとアレックはかつて婚約関係にあったこと、アレックが別の女に心を奪われ婚約を破棄したこと、その後、妻を早くに亡くしたアレックは息子を甘やかして育てたこと…ロックハートとバーバラはケイトとアレックの知られざる過去に驚くのでした。

その後、バーバラはロックハートの世話を見ることになりますが、この数日間でロックハートに心を奪われつつあることに気づき、ひどく動揺していました。ロックハートはそんなバーバラの気持ちに気づき、二人は気まずそうに時間を過ごすのでした。

それからすぐ、デイブが死んだこと、バーブ牧場の連中が犯人をロックハートだと決めつけていることを保安官が知らせにやって来ました。ロックハートはバーブ牧場の連中が必ず報復に訪れると考え、警戒を怠りませんでした。

【結】- ララミーから来た男のあらすじ4

しかし、ロックハートの前に現れたのは、護衛もつけず単身馬にまたがったアレックでした。ビックの嘘を信じ、自ら息子の敵を討とうとアレックは考えたのです。しかし、視力をほとんど失っているアレックは見当違いの方向に銃弾を放ち、やがて落馬してしまいます。ロックハートはアレックの元に駆け寄り、自分は夢の中の男ではないと訴えました。アレックは反撃してこないロックハートに困惑しながらも、馬に乗り直し牧場へと帰って行きました。

その後、ロックハートはチャーリーから新たな情報を聞かされました。謎の荷馬車の車輪跡があり、近くの山の頂上に続いているというのです。早速ロックハートとチャーリーは車輪跡を辿りますが、その途上でアレックが倒れているのを発見しました。ロックハートはすぐにアレックをケイトの牧場に運びますが、今回の怪我でアレックは視力を完全に失ったことが判明しました。

ケイトが懸命にアレックの看病をしていると、そこにビックが訪ねてきました。ビックはアレックをひどく心配する様子を見せますが、それは演技でした。アレックを山から突き落としたのは、他ならぬビックだったのです。アレックは帳簿を見直す過程でデイブが大量の銃を買いつけた事実に気づき、ビックに銃の居場所に連れて行くよう頼みました。しかし、山の頂上を前にして、真実の露見を恐れたビックは強引にアレックを引き止めようとしました。そのもみ合いでアレックはバランスを崩し、転倒してしまったのです。

その夜、意識を取り戻したアレックはロックハートを寝室に呼びました。アレックはビックこそが夢の中の男で、銃の売買にデイブを引き込み、殺害したと語りました。驚きの事実を聞かされたロックハートはすぐに寝室を出ますが、すでにビックの姿は消えていました。

ロックハートはビックを追いかけ、銃を積んだ荷馬車が隠された山の頂上でビックと対峙を果たしました。しかし、すでにビックは狼煙を上げ、取引の合図に気づいたアパッチ族が刻々と山に近づきつつありました。やむなくロックハートは銃を葬ることを優先させ、ビックとともに荷馬車を山から転落させました。転落の衝撃で荷馬車の中の銃は大爆発を起こし、アパッチ族を驚かせました。

その様子を見届けたロックハートは、ビックにただ一言「消えろ」と言いました。ビックはすぐにその場から去り下山しますが、待ち構えていたアパッチ族にすぐに取り囲まれてしまいました。アパッチ族は約束を破ったビックを殺してしまいました。

その後、アレックはケイトの家で暮らすようになり、ケイトはその暮らしに喜びを覚えていました。それからすぐ、ロックハートがこの街を去る日が訪れました。「東部に行く際ララミーを通ったら、ロックハート大尉と言えば見つかる」…ロックハートが自らの正体を明かすと、バーバラは「覚えておくわ」と笑顔で応じました。バーバラは名残惜しそうに去って行くロックハートの後ろ姿をしばらくの間眺めていた。

みんなの感想

ライターの感想

弟の敵を討とうとする男を主人公にした物語でしたが、復讐に燃える主人公の心情よりも、敵対する牧場主サイドにいるビックの物語の方が印象に残りました。本当の家族のように愛されたいと願いながらも、結果的に牧場主親子を手にかけてしまうビックの姿は悲劇的として言いようがなく、一口に悪役と切り捨てることが難しいキャラクターをアーサー・ケネディは熱演していたと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ララミーから来た男」の商品はこちら