映画:ランニングオンエンプティ

「ランニングオンエンプティ」のネタバレあらすじと結末

ヒューマンドラマ

ランニング・オン・エンプティの紹介:ダラダラと過ごしているヒデジとアザミは同棲をしていた。我慢の限界にきたアザミは、兄の祐一と田辺の二人を巻き込んで誘拐事件を思いつく。自分が誘拐されたとしてヒデジから金をふんだくる計画。ヒデジとアザミの愛情と、二人に振り回される友人や家族を描いた作品。

ランニングオンエンプティの主な出演者

ヒデジ(小林且弥)、アザミ(みひろ)、祐一(大西信満)、田辺(杉山彦々)、コウタ(村上和優)、前田(伊達建士)

ランニングオンエンプティのネタバレあらすじ

【起】– ランニングオンエンプティのあらすじ1

アザミとヒデジは同棲をしていました。ダラダラと過ごすヒデジにアザミは堪忍袋の緒が切れます。ヒデジはそんなアザミをおいてバンドの練習に行きます。今日はヒデジの誕生日なので夕方あけておくことは伝えます。

怒ったアザミはヒデジの兄祐一の家に行きます。そして別れるついでにヒデジに貸していたお金を取り返したいと考えます。

アザミはヒデジの借金を代わりにだしていたのです。アザミは誘拐事件を起こすことを決めて、祐一の家に田辺も協力するように呼びます。

ヒデジとバンドメンバーの前田とコウタは、予約していたスタジオが開くのを待っていました。3人で話しをしているとヒデジの携帯にアザミから電話がかかってきます。

アザミ本人が誘拐されたと言ってきたので、ヒデジは怒って電話を切ります。前田とコウタにも電話がかかってきますが、二人は出ませんでした。なぜアザミの番号を知っているのか不思議なヒデジでした。

いくら待ってもスタジオが開かないので店員に聞くと、予約されていないと言われます。しょうがなく今日の練習は中止になります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「ランニングオンエンプティ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×