「リトル・ミス・サンシャイン」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

ヒューマンドラマ

2006年アメリカ製作のコメディ映画。第79回アカデミー賞で作品賞を含む4部門ノミネートされ、脚本賞、助演男優賞を獲得。世界興行収入は1億ドルを超え、批評家に高く評価された作品。ぽっちゃりとした眼鏡をかけた可愛い少女オリーヴが、ミスコンに出場することになり、母シェリルの兄のフランクと家族みんなで、黄色い古いバスに乗り、「リトル・ミス・サンシャイン」の会場へ長距離のたびに出ます。旅の途中、家族それぞれの問題が出てきます。

あらすじ動画

リトル・ミス・サンシャインの主な出演者

リチャード・フーヴァー(グレッグ・キニア) フランク・ギンスバーグ (スティーヴ・カレル) シェリル・フーヴァー(トニ・コレット) ドウェーン・フーヴァー(ポール・ダノ) オリーヴ・フーヴァー(アビゲイル・ブレスリン) エドウィン・フーヴァー(アラン・アーキン) スタン・グロスマン(ブライアン・クランストン) マクレリー(ディーン・ノリス) カービー(ウォレス・ランガム) コンテストの審査員のジェンキンス( ベス・グラント) コンテストのアシスタントのパム (メアリー・リン・ライスカブ) コンテストのMC – (マット・ウィンストン)

リトル・ミス・サンシャインのネタバレあらすじ

【起】– リトル・ミス・サンシャインのあらすじ1

リトル・ミス・サンシャインのシーン1

画像引用元:YouTube / リトル・ミス・サンシャイントレーラー映像

「奨学金3万ドルを獲得するのは?ミスルイジアナ!」眼鏡をかけたぽっちゃりした小さな女の子オリーヴが、ミスコンの録画番組を食い入るように見ている。ビデオを巻き戻し、頬に手をあてミスコンの勝者になった気分を味わっている。

妹のシェリルが、うつになり自殺未遂をした文学者兄フランクを、病院に迎えに行く。病院につくと医師から、ハサミやナイフなどを置かないように言われた。シェリルは「よかった」と兄を抱きしめた。

シェリルは助手席に兄を乗せ、自宅に着いた。兄を息子ドウェーンの部屋に案内する。しばらくは一人にしておけないため、ドウェーンと相部屋で暮らすことになった。

シェリルの夫リチャードが仕事から帰ってきた。仕事の電話がないか留守電をチェックすると、オリーヴが子供のミスコンに入賞したと妹シンディから入っていた。

ドウェーンは伯父フランクを夕食だと呼びにいった。ドウェーンは喋らずみぶりだけで伝えた。フランクがドウェーンに友達について話しかけたが、ドウェーンは筆談で答える。息子が話さないのは、空軍のテスト・パイロットになるまで無言で通す、無言の誓いをしているのだと、シェリルが説明した。彼は9カ月無言を貫いていた。

食卓にリチャード、息子ドウェーン、叔父のフランク、娘のオリーブ、シェリル、祖父のエドウィンが揃った。

リチャードは、息子の無言の誓いを「夢があり、本人は信念をもって頑張っている、家族で支えてやるべきだ」という。オリーヴは叔父フランクの手首の傷が気になって仕方がない。シェリルは「おじさんの手首の傷は自殺未遂なのよ」と、食事中の話題としては不適切な説明をした。リチャードが7歳の娘に聞かせる話ではないと注意した。

フランクは、自殺未遂したのは自分がゲイで、愛されたい人に愛されなかったからとオリーヴに話す。そして気が動転してバカな行動をとったと付け加えた。リチャードはオリーヴに、伯父さんは人生の落後者だと説教を始めた。全くもって食事中にふさわしい内容ではなかった。

留守電をよく聞いてみると、前回のミスコンでオリーヴは2位だったが、1位の女の子がダイエット薬のせいで取り消され、オリーブが州大会「リトル・ミス・サンシャイン」に出ることになったと入っていて、オリーヴは大喜びだ。大声を上げて部屋中を走り回っている。

オリーブは「勝つわ!」と興奮して荷造りを始め出した。州大会に行くためには飛行機やホテル代なと費用がかかってしまうため、リチャードは自分の自己啓発プログラムのビジネス費用が削られるといい顔をしない。シェリルは飛行機ではなく、車で行くと宣言した。

孫のダンスコーチを務めた祖父は、死んでも行くという。リチャードは自分が運転しミスコンに娘を連れていく事に決めた。

シェリルは兄のフランクを一人に出来ないという。リチャードがフランクもドウェーンも一緒だと宣言した。フランクはOKしたが、ドウェーンは嫌がった。シェリルが航空パイロットの学校に行かせてあげるからとなだめ、家族全員で、オリーブの「ミス・リトル・サンシャイン」出場のため、車で旅することになった。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「リトル・ミス・サンシャイン」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×